東日本大震災

本県に避難母子の保育料を助成 山形のNPOと交流の米団体

2012年10月31日
 災害支援などを行っている「インターナショナル・メディカル・コープス」(アメリカ、IMC)が、交流のある認定NPO法人「IVY」(本部・山形市)を通じ、福島県から本県に避難している母子に保育料の助成を行うことになった。併せてIVYは避難者のための直営保育所「あいびぃ保育園」(同市小白川町1丁目)の保育料を値下げし、一律1人1万円とする。いずれも11月から。

 助成は、避難生活の経済支援などが目的。福島第1原発事故の影響で、福島県から本県に母子だけで避難し、母親が子どもを保育園・幼稚園に預け就労、就職活動している家庭が対象。2万5000円を上限に月額保育料の半額を助成する。

 期間は11月から来年4月までの最長6カ月間で、対象は50~60世帯。IVYが面接し、就労意欲や家計に対する保育料の負担状況などを踏まえて決定する。助成開始後3カ月以上経過しても就職できない場合は再審査を行う。第1次申請の締め切りは11月10日。メールやファクスで申し込む。

 「あいびぃ保育園」の保育料は、これまで3歳未満2万5000円、3歳以上2万3000円、2人目以降1万5000円だった月額保育料を年齢、きょうだい数にかかわらず一律1人1万円にする。園児は生後6カ月から就学前まで引き続き募集中。問い合わせはいずれもIVY023(634)9830。ファクス023(634)9884。メールアドレスLER04525@nifty.com
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から