東日本大震災

本県への避難者対象に内部被ばく検査開始 福島県、米沢皮切りに

2013年06月22日
福島県が本県への避難者を対象に始めた内部被ばく検査。左奥が測定装置=米沢市すこやかセンター
福島県が本県への避難者を対象に始めた内部被ばく検査。左奥が測定装置=米沢市すこやかセンター
 東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から本県へ避難している人を対象とした内部被ばく検査が21日、米沢市すこやかセンターで始まった。福島県による本県での内部被ばく検査は震災後初めてで、山形、鶴岡の両市でも行う。

 対象は原発事故発生時に福島県内に居住し、その後本県に身を寄せた4歳以上の避難者。車載式のホールボディーカウンター(全身測定装置)を使用する。同様の検査を福島県外で行うのは今年3月の栃木県に続き2例目。立った状態で装置内に入り、検査は2分ほどで終了する。現在の体内にある放射線量のほか、一生涯で浴びる積算線量も計測。結果は約1カ月後に通知する。検査費は無料。

 現在、県内全体で約500人の申し込みがあり、初日は約30人が訪れた。福島県南相馬市原町区から米沢市に身を寄せて3年目の女性(28)は「内部被ばく検査を受けるのは初めて。今の自分の状態を知りたいと思った」と話した。

 検査日は同センターが21~24日、28~7月1日、同5~8日、山形市のあこや会館は7月12~15日、18~22日、25~29日、鶴岡市総合保健福祉センターが8月2~5日。検査日の5日前までに申し込みが必要。専用電話番号080(5743)5867、080(5743)5868。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から