東日本大震災

山形の福島っ子[6] 新たな命、家族一緒に

2014年03月10日
新たに生まれる家族を迎えるため郡山市に帰る(左から)中村天海さん、天結さん、美紀さん、天寧ちゃん=山形市下条町3丁目
新たに生まれる家族を迎えるため郡山市に帰る(左から)中村天海さん、天結さん、美紀さん、天寧ちゃん=山形市下条町3丁目
 「帰ることは覚悟していたから別れは悲しくないよ」。山形西小5年中村天海(あまみ)さん(11)は今月、福島県郡山市に帰る。山形市で一緒に生活する母のおなかには5月に生まれる弟がいる。新たな命を迎えるため、父の待つ家に帰り、家族は再び一つ屋根の下に集う。古里で暮らせるのはうれしいが、今の友達との別れは少し寂しい。

 母美紀さん(38)次女天結(あゆう)さん(6)三女天寧(あまね)ちゃん(4)と4人で震災のあった2011年の夏に避難した。明るく前向きな性格の長女は「転校は嫌じゃなかったよ」と振り返る。

 原発事故で生活は一変していた。季節が夏になっても長袖、長ズボンにマスクをして通学した。スカートをはきたいと母にせがんだ。「今思えば別にズボンでいいのに」。当時の気持ちをよく覚えていない。

*将来、復興を支援
 同年6月、美紀さんは避難することを決めた。娘たちを安心できる場所で生活させたかった。妻の決心を夫亮介さん(40)は尊重した。「友達を増やしにいこう」。娘たちにそう告げた。

 「友達のおかげですぐ溶け込めたよ」と天海さん。学校生活は充実していた。調理クラブに入り、活動のたびにおなかいっぱいになって下校した。4年生から集会委員となり、行事の準備や進行に携わった。委員長になりたいと思うほどやりがいを感じた。友達にも立候補を勧められたが手を上げなかった。「委員長が転校したらみんな困るでしょ」

 「私はいつか郡山に帰る」。そう思いながら山形で生活してきた。

 将来、同窓会の幹事になりそうな友達に連絡先を渡そうと思っている。「これまでのように遊んだり話したりできなくなるけど、誘ってほしいな」と恥ずかしそうに笑う。

 将来やりたいことがある。学校行事で、復興の役に立ちたいと発表した。仮設住宅に高齢者と子どもの交流の場をつくりたい。住宅メーカーに勤める父の仕事から想像した。避難者支援に携わる母の背中も見てきた。「ママは何もないところから始めた。私にもきっと何かできる」

 3年前のあの日。家中のガラスが割れ、毛布にくるまって震えたことを覚えている。「私も当事者。だから福島の役に立ちたい」。まだ小学生。何ができるか分からない。でも前向きに将来を見据えている。

*母親の声行政に
 母子避難の当事者として、11年秋に「山形避難者母の会」を立ち上げ、中心的な役割を担い母親の声を行政に伝えてきた美紀さん。出産を控え、郡山に帰ることを決めた。「新たな命を家族一緒に迎えたい」。自然な選択だった。

 不安はある。山形と比べれば原発事故発生後のリスクは高い。それでも「ほっとしています」。安心を求めて避難したが、先の見えない生活が続いた。これからは家族の将来を考えられる。

 例えば放射能汚染を懸念する声が農業の復興を妨げているという意見がある。どうすれば安心を得られるか。行政ばかりではなく、子を持つ母親を交えた議論が必要だと考える。「たくさんの話し合いの先に、私たちが取り戻したい福島があるはず」。そう信じている。

 郡山に帰ってからも山形の「母の会」の代表を続ける。母子避難の経験者として、同じ悩みを抱える福島出身の母親たちを支え続けていくつもりだ。
(震災問題取材班)
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から