東日本大震災

県内土壌の安全を確認 県と山形大が99地点で放射性物質検査

2014年03月27日
 県は26日、グラウンド、公園などの土壌99地点を対象に昨年6~12月に実施した放射性物質検査の結果を明らかにした。放射性ヨウ素は全地点で不検出だった。放射性セシウムは村山地方で1キログラム当たり最大690ベクレルを検出したが、県水大気環境課は「健康に影響がないレベル」として安全を確認した。共同調査した山形大は同日、2012、13年度の調査結果をまとめた土壌の放射性セシウム濃度分布図を公表した。

 共同調査は県土を5キロ四方の格子状に区切り、市街地、集落があるエリアから学校のグラウンドや公園の広場などを選定、▽地表から深さ5センチまで▽深さ5~10センチ―の土壌を分析した。13年度調査では山形市の企業局松原第1ポンプ場から690ベクレル、村山高瀬川右岸と笹谷峠からそれぞれ530ベクレルの放射性セシウムを検出した。

 12~13年度の地区別平均濃度は、地表から深さ5センチまでの放射性セシウムは村山地区の145ベクレルが最大で、置賜地区71ベクレル、最上地区37ベクレル、庄内地区4ベクレルと続いた。分析を担当した同大の桜井敬久教授は「県内全域で県の埋め立て処理基準値(1キログラム当たり4千ベクレル)をはるかに下回っている」としている。

 一方、県は県内の河川、湖沼などの水域77地点で実施した調査の結果も公表した。水質は全地点で放射性セシウム、放射性ヨウ素ともに不検出。川床の泥を調べる底質調査で馬見ケ崎川の蔵王ダム(山形市)の乾泥から980ベクレルの放射性セシウムを検出したほか、羽黒川の水窪ダム(米沢市)から940ベクレル、須川の睦合橋(山形市)から910ベクレルを検出した。いずれも「健康に影響がないレベル」としている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から