東日本大震災

震災で式中止の学生らに卒業祝い 山形大・3年後の再会喜ぶ

2014年10月19日
学位記・修了証書の代わりに記念の色紙が贈られた=山形市・山形大小白川キャンパス
学位記・修了証書の代わりに記念の色紙が贈られた=山形市・山形大小白川キャンパス
 山形大で18日、東日本大震災に伴い学位記・修了証書授与式ができなかった2010年度人文学部卒の学部生と大学院生を対象にした卒業祝いが行われた。学びやを巣立って約3年半ぶりに集まった約50人に記念の色紙が贈られ、関係者全員で思い出や現況を語り合い“門出”を祝った。

 10年度の同大学位記・修了証書授与式は11年3月25日に県体育館(山形市)で予定していたが、東日本大震災の避難所となったため中止に。当時の学生たちは同大小白川キャンパス(山形市)で個別に学位記と修了証書を受け取るなどして卒業した。

 同キャンパスでこの日始まった大学祭に合わせ、人文学部の教職員が企画。震災発生から3年が経過したことから「3年目の卒業祝い」と銘打った。卒業生約330人に案内状を送付し、全国各地から約50人が出席。学位記と修了証書の代わりに、学生にとっての指導教員がメッセージを記した色紙を準備した。「3年前には言えませんでしたが、卒業おめでとう」「大変立派な卒業論文でした」などと書かれ、北川忠明学部長が手渡した。

 会場となった教室は、卒業生と教職員が久々の再会を喜ぶ声で満ちあふれた。仙台市出身の会社員倉科知恵さん(26)は「これまで何となく中ぶらりんな感じだったが、大学生活が終わったという実感が湧いた」。天童市出身の会社員伊藤瑛(あき)さん(25)は「社会人になる“節目”を迎えられた。こういう機会がなければ友だちと再会することもできなかった」と感謝していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から