東日本大震災

酒田、南陽で追悼式典やコンサート 東日本大震災から4年

2015年03月09日
 東日本大震災から間もなく4年を迎えるのを前に、酒田、南陽の2市で8日、犠牲者を追悼する式典やコンサートなどがあった。村山市の中学生は同日、被災地を訪問。いずれの参加者も津波などで亡くなった人に対する冥福を祈り、一日も早い復興を誓っていた。

避難者応援と癒やしの公演 酒田で追悼の集い
震災の犠牲者を追悼し、癒やしのコンサートが行われた=酒田市地域福祉センター
震災の犠牲者を追悼し、癒やしのコンサートが行われた=酒田市地域福祉センター
 酒田市地域福祉センターで、追悼の集いが開かれた。同市内で暮らす避難者を含む計約140人が参列。震災の犠牲者を悼み、一日も早い復興への思いを新たにした。

 市、市社会福祉協議会が主催。黙とうを捧げた後、本間正巳市長、阿部直善同協議会長が「避難者が望む生活が得られるよう、できる限りの応援をしていきたい」と話した。会場には「現状に心が追いつかず、悩み立ち止まることもありますが、少しずつ前を向いていきたいと思います」などと記された避難者のメッセージが掲示された。酒田市内の避難者数は今月5日現在で243人。

 式典に続いて「癒やしのコンサート」を開いた。女性コーラスグループ「SAKATAローゼン・コール」、オカリナとエレクトーン奏者の音楽ユニット「ルリアール」が「ふるさと」などを披露した。

復興の願い音楽に託す 南陽では支援コンサート
東日本大震災復興への願いが込められた歌や演奏が繰り広げられたコンサート=南陽市
東日本大震災復興への願いが込められた歌や演奏が繰り広げられたコンサート=南陽市
 南陽市のシンガー・ソングライター須貝智郎さんらによる東日本大震災復興支援コンサートが、同市法師柳の須貝さん方で開かれた。被災地支援活動を続ける出演者や参加者が復興への願いを音楽に託した。

 震災発生時刻の午後2時46分に合わせ、全員で黙とうし開演した。「歌でつなごう命と望み」をテーマに須貝さんと音楽仲間、山形市や米沢市などのミュージシャン、民話の語り部ら13組が出演。震災発生当時の映像などが流れる中、オカリナ奏者が奏でる美しい音色や弾き語りなどが繰り広げられ、涙を流す参加者も見られた。

 また、コンサートでは出演者が出品した楽器などのチャリティーオークションや須貝さんが育てたリンゴの丸ごと搾りジュースの販売、募金活動も行われた。収益金や募金は義援金として被災地支援に役立てる。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から