東日本大震災

刻む3・11~震災4年「あの時」の県内(7・完) ガソリンスタンド―給油待ち、長い車列

2015年03月11日
閉店したガソリンスタンドの前にできた車の列。県内各地で見られた光景だ。エンジンを切り、毛布にくるまって翌日の開店を待つ人もいた=2011年3月17日午後10時57分、山形市
閉店したガソリンスタンドの前にできた車の列。県内各地で見られた光景だ。エンジンを切り、毛布にくるまって翌日の開店を待つ人もいた=2011年3月17日午後10時57分、山形市
 東日本大震災の影響で主に太平洋側から本県に入る流通網がダウンした。中でも県民の不安といら立ちがより顕著に表れたのはガソリン不足だった。新庄最上地域の給油所で責任者を務める松本和義さん(58)=仮名=は何度も罵声を浴びたという。

 震災発生直後、多くの県民と同じように松本さんも「タンクローリーが来るまでの辛抱だ」と楽観視していた。しかし、期待はすぐに打ち砕かれた。ラジオのニュースは、太平洋沿岸を襲った大津波で港湾施設が壊滅したことを伝えていた。「灯油やガソリンは当分、入荷できない」。経験したことがない現実を突きつけられた。

 「大変なことになった」。松本さんの会社では幹部が集められ、善後策を協議した。人命を尊重して病院や福祉施設に優先的に灯油を配ること、ほかの顧客には販売量を制限すること、価格は据え置くことが決まった。

怒りむき出し
 発生翌日、早朝からガソリンスタンドを始点とした長い車列ができた。エンジンを切り、客は車内で毛布にくるまって待っていた。その日の販売量を売り切ってしまい、寸前で給油できなかった客は怒りをむき出しにした。「なぜガソリンを入れない。いつもお前のところから買っているのに」。殴りかからんばかりに詰め寄られた。胸ぐらをつかまれたことも1度や2度ではなかった。

 燃料が枯渇する恐怖を県民は感じていた。接客を通じ、その気持ちは痛いほど伝わってきた。不安といら立ちの矛先は給油を制限するガソリンスタンドの従業員に向けられた。

 停電が長引いたことも不安を増幅させた。3月中旬とはいえ、朝晩の冷え込みは続き、外には多くの雪が残っていた。顧客から灯油配達を依頼する電話が入り始めた。全てに対応していては在庫が底をつく。何とか融通してもらおうと、仕入れ先に問い合わせても色よい返事は得られなかった。200リットル、100リットル、50リットルと制限量を段階的に下げて対応するしかなかった。

戻らぬ取引先
 大口の取引先の中には優先的な灯油の販売を求める会社もあった。事情を説明しても相手は「いつも買ってやってるのに売れないのか」を繰り返した。ひたすら頭を下げるしかなかった。理解を得られずに多くの取引先を失った。

 「何とか灯油を売ってくれないか」。発生から2、3日たったころだっただろうか。松本さんの携帯電話に、被災地の親戚に救援物資を届けるという友人から連絡が入った。期待に応えたかったが、売れる灯油は店にはなかった。困り果てた友人を見かねた松本さんは、自宅のタンクから灯油を抜き取り、友人のポリタンクに詰めた。それが精いっぱいの対応だった。

 あれから4年が経過しようとしている。失った取引先は戻っていない。「われわれもパニックで心の余裕がなかった」と松本さんは振り返る。しかし、後悔はしていない。全ての人に公平に、満遍なく燃料を行き渡らせた対応は「あれがあの時にできる最大限の対応だった」。そう思っている。
=おわり

 この企画は報道部の安達一智、玉虫秀明、三浦光晴、伊豆田拓、酒田支社の田中大、天童支社の野村健太郎、新庄支社の菅原武史が担当しました。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から