東日本大震災

避難母子の「あいびぃ保育園」活動に幕 山形で卒園、閉園式

2015年03月22日
元気に歌う卒園児たち=山形市・パレスグランデール
元気に歌う卒園児たち=山形市・パレスグランデール
 東日本大震災で福島県から避難した母と子どもたちのための保育所「あいびぃ保育園」の卒園式が21日、閉園式を兼ねて山形市のパレスグランデールで行われた。今回、卒園する5人を含む計61人がこの保育所で生活し、慣れない土地で先が見えない不安の中にある母親たちにとっては、悩みを語り合い、安心感を得られる場でもあった。当初計画通り、今月末で約2年半の活動に幕を下ろす。

 慣れ親しんだ土地を離れ、新たに生活基盤を築いたり、働き口を探したりする母親を支えようと同市のNPO法人IVY(アイビー、枝松直樹代表理事)が2012年9月、同市小白川町1丁目に開設した。現在の園児は19人。今後はほとんどが市内の小学校に進んだり、認可保育所などに移ったりする。

 式には約90人が出席。園長の枝松代表理事から卒園証書を受け取り、卒園児一人一人が家族へのメッセージ、保育園での思い出を発表。閉園式では2年半の歩みが写真で紹介され、枝松代表理事が「未来に向かって進んでほしい」と閉園宣言を行った。引き続き、「母の会」主催の謝恩会が開かれ、会食を楽しんだほか、仮装した母親たちと、園児らがステージ上で「ようかい体操第一」のダンスなどを繰り広げるなどして、スタッフ、支援者らに感謝の思いを伝えた。

 卒園児の母親で福島市から山形市に避難している高橋吏香さん(42)は「同じ境遇の母親たちと悩みを話し、福島の現状について情報交換できたことは心強かった。今後もこのつながりを大事にしたい」。昨年まで次男が通っていた母の会前会長の但木聡子さん(35)は「園に行けば、みんなに会えるという安心感があった。閉園には寂しさも感じる」と語った。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から