東日本大震災

被災地の光景、定点観測 再生一日も早く

2016年03月07日
【宮城・石巻市門脇地区】地区内は土地の造成が進む。看板がある場所はこの5年間、追悼の場になってきた=16年3月2日
【宮城・石巻市門脇地区】地区内は土地の造成が進む。看板がある場所はこの5年間、追悼の場になってきた=16年3月2日
 死者・行方不明者約1万8千人の東日本大震災から11日で5年。激震と大津波に襲われ、壊滅した被災地はあれからどう変わったのか。定点観測写真を撮影し震災発生直後と5年後の光景を比較した。

 膨大ながれきはすっかり撤去され、大半は更地となっていた。防潮堤建設や土地のかさ上げ、区画整理が急ピッチで進み、工事車両が行き交う。日常風景が戻った住宅地もあった。だが、全体を見れば復興は5年を経ても道半ば。離れた被災者が再び戻るか、地域産業を再生できるか―など先行きは見通せないが、また笑顔で暮らせる古里を一日も早く取り戻さなければならない。整備が進む大地に犠牲者の無念の思いが染み込んでいることを忘れず、復興の歩みを着実に進めなければならない。(整理部・松田直樹、報道部・堀川貴志、色摩高幸)

【宮城・石巻市門脇地区】大津波で民家が流された現場。震災発生1カ月後、奮起を促す看板が立てられた=11年4月26日
【宮城・石巻市門脇地区】大津波で民家が流された現場。震災発生1カ月後、奮起を促す看板が立てられた=11年4月26日


【宮城・南三陸町】急ピッチで工事が進む。観光交流拠点整備予定地の看板が目に入った=16年2月20日
【宮城・南三陸町】急ピッチで工事が進む。観光交流拠点整備予定地の看板が目に入った=16年2月20日


【岩手・陸前高田市】大津波で壊滅し民家ががれきとなった沿岸部=11年3月25日
【岩手・陸前高田市】大津波で壊滅し民家ががれきとなった沿岸部=11年3月25日
【宮城・南三陸町】空襲を受けた後のような無惨な光景が広がっていた=11年3月18日
【宮城・南三陸町】空襲を受けた後のような無惨な光景が広がっていた=11年3月18日


【岩手・陸前高田市】高台に宅地造成するため土地のかさ上げが進む=16年3月1日
【岩手・陸前高田市】高台に宅地造成するため土地のかさ上げが進む=16年3月1日


【岩手・大船渡市】犠牲者の家族が捜索した緊急消防援助隊山形県隊に深々と頭を下げた=11年3月17日
【岩手・大船渡市】犠牲者の家族が捜索した緊急消防援助隊山形県隊に深々と頭を下げた=11年3月17日


【岩手・大船渡市】現場一帯ではビル建設が始まっている=16年3月5日
【岩手・大船渡市】現場一帯ではビル建設が始まっている=16年3月5日


【宮城・仙台市若林区】津波が押し寄せ、懸命の救出作業が続いた=11年3月12日
【宮城・仙台市若林区】津波が押し寄せ、懸命の救出作業が続いた=11年3月12日


【宮城・仙台市若林区】日常的な宅地風景を取り戻した。この道を進むと荒浜につながる=16年2月19日
【宮城・仙台市若林区】日常的な宅地風景を取り戻した。この道を進むと荒浜につながる=16年2月19日


【宮城・女川町】大津波に襲われ、コンクリート造りの建物も倒壊した漁港付近=11年4月26日
【宮城・女川町】大津波に襲われ、コンクリート造りの建物も倒壊した漁港付近=11年4月26日


【宮城・女川町】土地の区画整理が進んでおり、再建された事業所もあった=16年3月2日
【宮城・女川町】土地の区画整理が進んでおり、再建された事業所もあった=16年3月2日


【宮城・気仙沼市】大型漁船が流れ着き、火災も発生した鹿折唐桑駅前=11年3月21日
【宮城・気仙沼市】大型漁船が流れ着き、火災も発生した鹿折唐桑駅前=11年3月21日


【宮城・気仙沼市】大型漁船は撤去され、つち音が響く=16年2月19日
【宮城・気仙沼市】大型漁船は撤去され、つち音が響く=16年2月19日
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から