東日本大震災

忘れない3・11、前へ進む 東日本大震災、きょう8年

2019年03月11日
震災遺構として一般公開が始まった気仙沼向洋高の旧校舎。津波で流された車が被害の大きさを物語る=10日、宮城県気仙沼市
震災遺構として一般公開が始まった気仙沼向洋高の旧校舎。津波で流された車が被害の大きさを物語る=10日、宮城県気仙沼市
 東日本大震災は11日、発生から8年を迎えた。警察庁のまとめでは、全国の死者は岩手・宮城・福島の3県を中心に、本県の2人を含めて1万5897人、行方不明者は2533人に上る(8日現在)。11日は午後2時46分の発生時刻に合わせ、本県を含む全国各地で追悼行事が行われる。

 大津波で壊滅状態となった福島県浪江町請戸(うけど)地区。10日早朝、海のかなたから太陽が昇り、犠牲者の慰霊碑が立つ霊園を暖かく照らした。約600戸が流失し、死者・行方不明者は150人以上を数えた。原発事故も影響し、今なお家屋のないさら地が広がる。

 漁港近くで生まれ育ったシンガー・ソングライター門馬よし彦さん(39)=福島市=は家が流され、多くの友人を失った。霊園で悲しみと復興への思いを込めた歌を熱唱し「古里の先行きは見通せないが負けていられない。歌を通して人の絆を深め、少しずつでも前進したい」と力を込めた。

 津波の被害に遭い震災遺構となった宮城県立気仙沼向洋高の旧校舎(気仙沼市)は、10日から一般公開が始まった。各地で被害を物語る建物が次々と姿を消す中、新たな伝承の拠点として期待される。

 同高は津波が4階建て校舎の4階床上まで到達した。校舎3階の教室には流された車が無残な姿で残されている。高さ8メートルの教室のベランダを破壊し流れ込んだものだ。埼玉県から訪れた自営業岩上眞雄さん(75)は「自然災害の脅威を実感した。普段から防災意識を高めることが必要だ」と話していた。

海の向こうから昇る朝日が慰霊碑と霊園を照らした=10日午前6時、福島県浪江町
海の向こうから昇る朝日が慰霊碑と霊園を照らした=10日午前6時、福島県浪江町
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から