ふるさとだより

[霞城観桜会 風流花見流し]約1500本の桜が咲き誇る霞城公園において、毎年4月中旬に開催される「霞城観桜会」は言わずと知れた山形市の春のイベントです。山めん寒ざらしそばの賞味会や山形舞妓による舞の披露、大茶会などの催しが行われます。写真は、「風流花見流し」の様子。優雅に咲き誇る桜の下で行われる舞は、なんとも言えない幻想的な光景です。

[春の日和山公園]日本海に沈む夕陽が旅情をかきたてる日和山公園は、桜の名所でもあり、毎年4月には酒田日和山桜まつりが開催されます。園内には、日本最古級の木造六角灯台や往時活躍した千石船(2分の1で再現)などがあり、港町の風情を醸し出しています。

[食文化創造都市]鶴岡市は、ユネスコが認定した日本初の「食文化創造都市」です。豊かな自然環境で育まれた食材や、精神文化と結びついた伝統料理など、多彩な食文化を活かした創造的な地域づくりに取り組んでいます。

[天童桜まつり人間将棋]約2000本の桜が舞鶴山に咲き乱れる頃、建勲神社に祀られている天童織田藩の藩祖・織田信長公が蘇り、甲冑や着物姿の武者や腰元たちを将棋の駒に見立てた対局が始まります。昭和31年から続く伝統行事で、天童の春を彩る時代絵巻といえます。

[寒河江八幡宮流鏑馬]鎌倉時代から400年間、寒河江を治めた大江家ゆかりの行事。走る馬上から順に3つの的をめがけて矢を放つ「古式流鏑馬」、3頭の馬を早稲・中稲・晩稲と決めて走らせ、どの馬が早いかで翌年の稲の作柄を占う「作試し流鏑馬」があります。

[大ケヤキ]樹齢は1500年以上、高さ28メートル、幹回り16メートルの日本一の大ケヤキ。東根市のシンボル的な存在で、これまで東根市の歴史を見続けてきました。

[村山駅西の桜並木]JR村山駅西口を出るとすぐ、南北に流れる川沿いに桜並木が続いています。夜はライトアップも実施。ゆるやかに流れる小川に桜が写り、幻想的な風景を楽しむことができます。

[最上川堤防千本桜]長井市の最上川沿いの桜並木「最上川堤防千本桜」には、ソメイヨシノ約300本が植えられ、毎年きれいに咲き誇っています。

 ふるさとだより「fメール」は発行する各自治体の情報と、山形新聞に掲載されたそれぞれの自治体の関連記事をまとめて週1回、登録者に電子メールで配信しています。 サンプルはこちらからどうぞ。

配信内容
  • 1週間のイベント情報
  • 前週の新聞から7本前後の記事
  • 広報担当から季節の話題や最新の行政情報など
  • 配信日
    木曜日
    山形市 寒河江市 天童市 村山市
    金曜日
    酒田市 鶴岡市 東根市 長井市
    登録はこちら

    【木曜日配信】

    【金曜日配信】

    PR素材

    A4版チラシ

    注意事項

  • 「ふるさとだより」PR用のため、それ以外の目的で使用することを禁止します。
  • 「ふるさとだより」のイメージを著しく損なうような使用法は禁止します。
  • 素材の加工、一部流用などを禁止します。
  • チラシをご覧になるには Adobe Reader が必要です。

    お問い合わせ 「ふるさとだより」に関するお問い合わせはfurusato@yamagata-np.jpまで