わいわい子育て

アラカルト

大人気!ひがしねあそびあランド 自由な冒険に夢中、熱中

 今年5月にオープンした東根市の子どもの遊び場「ひがしねあそびあランド」。約4.4ヘクタールの広大な敷地に大型遊具のほか、木工やたき火体験などができる場を設け、オープンから約4カ月で来場者数が22万人を突破する人気施設になっている。子どもたちの自由な発想を大切にした遊び場にお邪魔してみた。

プレーリーダー常駐

冒険広場ゾーンでは火おこしの体験スペースも。そばではプレーリーダー(右)がしっかりサポート
冒険広場ゾーンでは火おこしの体験スペースも。そばではプレーリーダー(右)がしっかりサポート

 特徴的なのは子どもたちの遊びをサポートする20~60代のプレーリーダーが常駐し、さまざまな野外活動ができる冒険広場ゾーンを設けている点だ。冒険広場ゾーンには木工体験用に長さの違う廃材、のこぎりや金づちなどの道具を常備。取材で訪れた日は、椅子作りに挑戦しようとする子どもの姿があった。

 道具をはじめ材料の廃材も自ら選ぶ。「これがいいかな?」「こっちがいいかな?」。熱中する子どもたちのそばでプレーリーダーが見守り、たくさんの木材を抱えきれずに落としてしまった小さい子には「どうやって持っていこうかな?」と優しく声を掛ける。

「椅子を作るぞ!」。プレーリーダー(左から2人目)が見守る中、廃材を使った木工体験に熱中
「椅子を作るぞ!」。プレーリーダー(左から2人目)が見守る中、廃材を使った木工体験に熱中

 子どもたちが木製のテーブルの上でのこぎりを使い、テーブルに傷がつきそうになってもプレーリーダーが注意することはない。のこぎりで廃材をたたき始めると、「たたくのはこっち」と鉈(なた)を差し出し、やんわりとルールを伝える。

 マッチや新聞紙、まきを使う火おこし体験ではプレーリーダーがしっかりサポート。うちわであおぎながら火おこしに夢中になり、水を入れたバケツを置くのを忘れている子どもにはすかさず「水を持ってこないとね」。

ウオータースライダーで豪快に水しぶきを上げる子どもたち
ウオータースライダーで豪快に水しぶきを上げる子どもたち

 プレーリーダーたちがベニヤ板とブルーシートで手作りしたウオータースライダーも人気を集めていた。子どもたちがホースから流れる水にのって長さ約10メートルのスロープを水しぶきを上げて楽しむ。「何回でも滑りたい。気持ちいい」。小高い丘を笑顔で往復する。

 中心部には東根市のシンボル、大ケヤキをイメージした高さ約10メートルの大型ネット遊具がそびえる。ターザン気分ですいすい登る子もいれば「ロープが切れたりしないかな」とちょっぴり怖がる子も。そんな子には「大丈夫だよ」「こっちの道は簡単」と仲間から声援が飛び、みんなで頂上を目指す姿も。

 虫捕りを楽しむ子どももいた。プレーリーダーに虫捕りを教わって興味を持ったという東根幼稚園年長の安達泰斗君(5)は虫捕り網と虫かごを携え「トンボを10匹ぐらい捕った」と誇らしげに話す。

 ふんすい広場や飛び跳ねて遊ぶ「ふわふわドーム」でも歓声が響く。夏休み中はほぼ毎日訪れたという東根市神町小3年佐藤袈武斗(かぶと)君(9)は「いろんな遊びができるのがいい。かき氷やべっこうあめも作った」とにっこり。東根小4年村山由樹君(10)は「火おこし体験が楽しい。ウインナーも焼いて食べた。1日中遊んだ時もあった」と話していた。

飛び跳ねて遊ぶ「ふわふわドーム」は小さな子どもたちに人気
飛び跳ねて遊ぶ「ふわふわドーム」は小さな子どもたちに人気
ちょっぴり怖い大型ネット遊具もみんなで一緒に登ればへっちゃら
ちょっぴり怖い大型ネット遊具もみんなで一緒に登ればへっちゃら
ふんすい広場は水とともに子どもたちの歓声が上がる
ふんすい広場は水とともに子どもたちの歓声が上がる

【編集後記】今後の進化 楽しみ

 「『自分の責任で自由に遊ぶ』遊び場です」。あそびあランドに足を踏み入れると、「大人の方々へ」と題した看板が目に止まる。子どもの「やってみたい」という気持ちを大切にし、禁止事項を極力なくすという施設側の思いも記してある。

 今回紹介した以外にも段ボールやそりで芝生の斜面を滑る斜面ゾーン、野菜などを収穫できる農業体験ゾーンなども備えており、遊びの幅は広い。サプライズイベントも企画し、これまで流しそうめんやスイカ割りなどを開催。流しそうめんでは参加者それぞれが竹で器とはしを作る体験も盛り込み、より一層子どもたちの感性を刺激するよう工夫を凝らしている。

 保護者からは「そうめんを食べなかった子どもが食べた」「けんかばかりしていた兄弟が助け合って遊んでいた」と感激の声も。子どもが自由に遊びを考え、進化する遊び場をコンセプトにする「ひがしねあそびあランド」。今後、どう発展していくか、目が離せない。(K・C)

メモひがしねあそびあランド

 開園時間は午前9時で、4~9月は午後6時まで、10~3月は午後4時まで。休園日は毎月第2水曜(祝日の場合はその翌日が休みで、8月のみ第4水曜)と12月28日~1月4日。入場無料。問い合わせは0237(43)5551

あそびあランド地図

2013年8月27日掲載
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から