わいわい子育て

アラカルト

おでかけ“穴場”はココ! 本紙記者がそっと教えるお薦め15スポット

 ゴールデンウイークに突入し、どこに出掛けようかと悩んでいる家庭もあるのではないだろうか。人混みは嫌だけど、比較的近場で楽しめる“穴場的”な場所はないかなあ。本紙記者が、子連れ家族にお薦めしたい遊び場スポットを紹介する。

巨大なワイド滑り台は子どもも大人も楽しめる=山形市・西蔵王公園
巨大なワイド滑り台は子どもも大人も楽しめる=山形市・西蔵王公園

【アウトドア派】

 (1)自然の中で思い切り遊びたい家族にお薦めしたいのは、山形市の西蔵王公園。約72ヘクタールの園内に長さ約20メートル、幅約4メートルの迫力満点のワイド滑り台など80種類以上の遊具がそろい、大自然の中で子どもとゆっくりした時間を過ごせる。

 (2)酒田市の飯森山公園内の「冒険広場」は、新遊具「フラワーキャッスル」が完成したばかり。約15メートルのターザンロープや大型ローラー滑り台などがあり、冒険気分に浸れる。

 (3)庄内町狩川の「風車村」は風や風力発電について学べる施設「ウィンドーム立川」があり、子どもたちに人気のバッテリーカーや木製遊具がある。庄内平野が一望できる展望台からの景色もお薦め。

 (4)米沢市広幡町の市立成島児童遊園「成島ワクワクランド」には林の間をすり抜ける長さ80メートルのローラースライダーや足でこいで進む「ムーンカート」があり、大人でも満喫できそう。毎週火曜日が休園。

【体験・触れ合い】

 (5)山形市蔵王温泉にある「蔵王釣堀」は、蔵王の湧水で育ち、釣ったばかりのニジマスを塩焼きや刺し身にして食べることができる。自然豊かな庭を見ながら食べる食事は最高だ。

 (6)同市蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク内にあるスケートパークでスケートボードに挑戦するのも楽しそうだ。用具はレンタルでき、初心者対象のスクール(小学生以上、事前予約が必要)を毎週土曜日開催している。

 (7)寒河江市の最上川寒河江緑地「グリバーさがえ」の多目的水面広場では、水辺のアクティビティが手軽に楽しめ、カヌー体験ができる(小学生以上、予約必要)。用具はレンタル可能。内陸地方で本格的なウオータースポーツができる貴重な場所だ。

 (8)村山市河島の市農村文化保存伝承館のそば打ち道場(3日前まで予約必要、毎週水曜日休館)で子どもと一緒にそば打ち体験はいかが。近くには長さ約160メートル、幅約1.5メートルの「竜神のつり橋」があり、スリルも味わってみては。

 (9)最上町の前森高原は、馬との触れ合いも楽しめるスポット。引き馬は当日受付可能だ。トレッキングなどさまざまな乗馬プラン(予約必要)があり、リフレッシュできそう。

 (10)河北町役場近くにある町児童動物園にはフクロウやシカ、キツネ、ニホンザルなど約30種類約150頭の生き物が暮らす。24時間開園しているので、夜の生態を観察するのも楽しそう。3、5日に動物との触れ合いイベントもある。

【インドア派】

 (11)昆虫好きにはたまらない米沢市簗沢の三沢コミュニティセンター内「よねざわ昆虫館」では世界各国の昆虫のコレクションが展示され、珍しい昆虫たちと出合える。4、5日にワークショップも開催(当日受付可)。入館無料。

 (12)南陽市のシェルターなんようホール(市文化会館)内にある「木育ひろば」は、木製のおもちゃや3000個の「木の卵」のプールなどを無料で利用できる。午前9時~夜10時の好きな時間に遊べるのも魅力。5月1日と毎週月曜日休館。3日も一部使えない時間がある。

 (13)漫画好きなら訪れてみたい、新庄市のJR新庄駅隣接の「ゆめりあ」内にある新庄・最上漫画ミニミュージアムは「幽☆遊☆白書」などのヒット作で知られる冨樫義博さん(同市出身)ら最上地域ゆかりの漫画家6人とその作品などが展示され、無料で見学できる。

 (14)鶴岡市の月山ダム地域防災センターではダム内部を見学(当日受付可)できるほか、赤川にすむ魚を紹介しているミニ水族館があり、楽しみながら学べる。5月中旬まで迫力の自然放流を見ることができる。

 (15)鶴岡市羽黒町市野山に全国の在来作物を育てている大日本伝承野菜研究所の栽培ハウスがある。在来野菜専門のレストランも隣接し、ハウス内では主に展示用の野菜やハーブを育てており、無料で自由に見学できる。イスやテーブルもあり、雨の日にはハウス内でピクニック気分を味わってみては。毎週木曜日定休。

    【連絡先はコチラ】
  • (1)山形市・西蔵王公園 023(655)5900
  • (2)酒田市飯森山公園 0234(26)5745(市土木課)
  • (3)庄内町・風車村 0234(56)3360
  • (4)米沢市成島ワクワクランド 0238(22)5111(市こども課子育て施設担当)
  • 090(7660)6607(ワクワクランド管理棟)
  • (5)山形市・蔵王釣堀 023(694)9202
  • (6)山形市・スケートパーク 023(674)0510
  • (7)寒河江市・グリバーさがえ 0237(85)1158
  • (8)村山市農村文化保存伝承館 0237(53)3277
  • (9)最上町・前森高原(乗馬体験)  080(1828)2670
  • (10)河北町児童動物園 0237(73)5162
  • (11)米沢市・よねざわ昆虫館 0238(32)2005
  • (12)南陽市・シェルターなんよう 0238(40)1222
  • (13)新庄・最上漫画ミュージアム(市観光協会) 0233(22)2340
  • (14)鶴岡市・月山ダム地域防災センター 0235(54)6711
  • (15)鶴岡市・在来野菜栽培ハウス(ベジタイムレストラン土遊農) 0235(33)8310
2018年5月1日掲載
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から