わいわい子育て

アラカルト

新小学生へお薦めの絵本6選 楽しい学校生活送ってね

 春は出会いと別れの季節。新しい環境にワクワクしたり、友達と離れ離れになるかもと不安になったり、子どもたちの小さな胸にはさまざまな思いが渦巻いていそうだ。そんな新1年生に向けて、期待をもっと膨らませ、不安を解消してくれるような絵本を、山形市立図書館の司書、高倉亜依さん(25)に選んでもらった。「楽しく、豊かな学校生活を送れるように願いを込めました」という6冊のストーリー、お薦めポイントを紹介する。

お薦めの本を紹介する図書館司書の高倉亜依さん=山形市立図書館
お薦めの本を紹介する図書館司書の高倉亜依さん=山形市立図書館

■やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち(なかやみわ・作 白泉社)

やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち

 おいしい野菜になるため、とまとちゃんと野菜たちは学校に通っている。八百屋のおじさんに合格シールを貼ってもらうのが憧れで、おいしくなろうとあの手この手で努力する。

 「野菜のお友達は優しい子ばかり。かわいいキャラクターで描かれていて、野菜をもっと好きになれそうです。太陽が好きだったり、苦手だったりといろいろなタイプの野菜が出てきます。けんかの場面、仲直りの場面があり、お友達と仲良くするこつも教えてくれます」

■となりのせきのますだくん(武田美穂・作 ポプラ社)

となりのせきのますだくん
となりのせきのますだくん

 みほちゃんは隣の席に座るますだくんが苦手。いじわるで乱暴で、怪獣みたいに見える。勉強や運動のことで、からかってきたりたたいてきたり。学校に行きたくない気持ちでいっぱいになりながら、学校に向かう。

 「字は多くありませんが、子どもの素直な気持ちが表れています。入学後や進級後は『隣の席は誰だろう、いじわるな子だったらどうしよう』という不安が誰にでもあると思います。読み終えると、苦手な子に少しだけ近づく勇気が出るかもしれません」

■一年生になるんだもん(角野栄子・文、大島妙子・絵 文化出版局)

一年生になるんだもん
一年生になるんだもん

 さっちゃんは6歳。小学校の入学に向けて、名前をひらがなで書けるよう練習したり、健康診断に行ったりする。愛犬の絵のアップリケを付けた手提げ袋をお母さんに作ってもらうなど、入学式に向けて準備が進んでいく。

 「学校生活を待ち遠しく思う女の子の気持ちが表現されています。1年生になる準備を重ねるほど、ワクワクが募っていきます。読み聞かせるママも、自分が入学した時を思い出して楽しい気分になりそうです」

■給食番長(よしながこうたく・作 好学社)

「給食番長」
「給食番長」

 番長がいるクラスは給食で嫌いなものが出ると残し、すぐに遊びに行ってしまう。大量の残飯に悲しむ調理師が指導しても知らん顔。調理師たちはとうとう給食室から“家出”する。

 「番長をはじめ、子どもたちの表情や構図が面白く、子どもたちに人気の絵本です。給食の時間が好きという子は多いでしょうが、食べ物に好き嫌いがある子もいると思います。作り手の思い、給食の大切さを学べます」

■ともだちや(内田麟太郎・文、降矢なな・絵 偕成社)

ともだちや
ともだちや

 キツネは友達がほしい人の相手をする商売「ともだちやさん」を始める。一緒に食事をしたいクマ、トランプで遊びたいオオカミがキツネを呼び止める。

 「本当の友達とはどういう存在か、考えさせられる作品です。新しい環境は新しい友達をつくるチャンスです。友達のことで悩んだとき、解決のヒントを示してくれるのではないでしょうか」

■くんちゃんのはじめてのがっこう(ドロシー・マリノ・作、まさきるりこ・訳 ペンギン社)

くんちゃんのはじめてのがっこう
くんちゃんのはじめてのがっこう

 子グマのくんちゃんはお母さんと一緒に初登校する。道すがら出会うミツバチやコウモリに、学校に行くことを自慢しながら歩いていく。学校で上級生の授業を見て、字が書けず計算ができないくんちゃんは、不安で教室から逃げ出してしまう。

 「先生は字が読めなくても書けなくても楽しめる授業をします。新1年生の不安にぴったり寄り添ってくれる一冊。学校に行く子どもたちには学ぶ喜び、分かる喜びを知ってほしいですね。レトロな絵と物語が相まって、心が温かくなる絵本です」

2019年3月19日掲載
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から