最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2017

第1週 直江石堤(米沢)―糠野目水辺の楽校(高畠)動画はこちら[動画]

さあ第一歩、雨も先生だ

直江石堤の大きな石を踏み締め古里の歴史を学んだ=米沢市赤崩
直江石堤の大きな石を踏み締め古里の歴史を学んだ=米沢市赤崩
 「最上川200キロを歩く」が13日、米沢市の最上川源流域を起点に始まり、第1週は同市塩井小の3年生30人が「トップランナー」を務めた。あいにくの雨の中、子どもたちは雨がっぱ姿で元気いっぱいに歩き、水害からまちを守る石堤や樋門といった備えを見学。昆虫観察を通して流域の多様な生態系についても学んだ。

 スタート地点の直江石堤は、米沢藩主・上杉景勝の家臣直江兼続が、米沢のまちを洪水から守るために築き上げた場所。機械がなかった今から約400年前、大きな石を人力で積み上げて造ったことを教わった。工夫と努力のたまもので、「山形県の財産。大切にしてください」と国土交通省山形河川国道事務所の担当者。子どもたちは石の上を歩いて歴史の重みをかみしめた。

 川沿いには大切な施設が点在していることも知った。河川の増水時に逆流を防ぐ樋門。手動でハンドルを回す作業は思った以上に大変で、なかなか動かない。みんなで代わる代わる挑戦し、「頑張れ、頑張れ」。クラスメートへの声援が雨空に響き渡った。

 堤防からの漏水を防ぐ土のう作りも体験した児童たち。スコップを使いながら、袋に砂を詰めるために力を合わせた。もしこの日のような雨が長く続き、さらに強く降ったら一連の作業が重要になる―。天気も“先生”に最上川を学んだ一日となった。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から