最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2018

第3週 白川合流点(長井)-睦橋(白鷹)動画はこちら[動画]

ダムの学び、で~っかい

青空の下、長井ダムでは子どもたちが「ヤッホー」と元気な声を響かせて歩いた=長井市
青空の下、長井ダムでは子どもたちが「ヤッホー」と元気な声を響かせて歩いた=長井市
 「最上川200キロを歩く」の第3週は26日、飯豊町飯豊一小4年生20人が元気いっぱいに“バトン”をつないだ。県内一の高さを誇る長井ダムで治水の役割を学び、内部を探検。最上川の水質検査やごみ拾いを通し、母なる川と親しんだ。

 新緑と青空、エメラルドグリーンの湖面が眼前に広がる。「きれい」「たくさん水が出てるよ」。125.5メートルの高さがある長井ダムの堤頂からの光景に歓声を上げる。高さは地元飯豊町の白川ダムの約2倍と聞き、「すごい」と目を丸くした。

 農業用水や発電用にも使われていることを学習し、堤頂からエレベーターで104.5メートル下の地下へ。一年を通して室温が9度ほどの通路に「冷蔵庫みたい」とびっくり。堤体を見上げるスポットでは水の流れに「どうして白いの?」と質問するなど好奇心を刺激されていた。管理庁舎脇にある「ヤッホーポイント」では「どんな言葉でも返ってくるのかな」と疑問を持ち「ダームー」と叫ぶ場面も。

 気温が上昇する中、増水時に逆流を防ぐ樋門の開け閉めや水質調査などにも熱心に挑戦し、疲れを見せない子どもたち。最後は児童の一人が即興で口ずさんでいた歌を全員で合唱し、この日の太陽と同じぐらいまぶしい笑顔を見せていた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から