最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2017

第5週 新五百川橋(朝日)-簗瀬橋(寒河江)動画はこちら[動画]

水って命の源なんだね

寒河江ダム内部にある巨大なゲート。開閉することで水の放流・貯水量調節の役目を果たす=西川町
寒河江ダム内部にある巨大なゲート。開閉することで水の放流・貯水量調節の役目を果たす=西川町
 「最上川200キロを歩く」の第5週は10日、朝日町西五百川小の4~6年生27人がビッグフラッグをつないだ。西川町の寒河江ダムでは迫力満点の構造物を見学しながら治水や農業用水などダムが果たす役割を学習。川沿いを歩きながら水辺の生き物にも触れ、最上川の豊かな自然を満喫した。

 最初に訪れたのは、雄大な寒河江ダムを管理する操作室だった。安全確認のためのテレビカメラ、放水量を把握できる表示板…。全てコンピューターで管理されたダムの“心臓部”の説明に、児童の誰もがじっくり耳を傾けた。

 水道用水の供給、水力発電など、寒河江ダムは多くの役割を担っている。そこには「112」という数字がキーワードになっていることも教わった。国道112号沿いに立地していて、1時間おきに上がる大噴水は寒河江ダムの高さと同じ112メートル。「竣工(しゅんこう)式は平成2年の11月2日、午前11時20分に実施しました」と担当者。

 見学中は激しい雨に見舞われたが、子どもたちは元気いっぱい。普段は立ち入れない貯水量調節ゲートでは薄暗い中、ジグザグの階段を歩いて施設を見て回り、「ロールプレーイングゲーム(の世界)みたい」と興奮気味。その後の行程でナマズや川魚など水辺の生き物と接し、生態系ときれいな水環境を守る大切さを確認。力いっぱい最上川を巡る冒険を終えた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から