最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2016

第8週 新五百川橋-睦橋(白鷹)動画はこちら[動画]

花も応援、ピュアな好奇心

涼しげな紫色の花が咲く川沿いを歩き、最上川の自然を体で感じた=白鷹町
涼しげな紫色の花が咲く川沿いを歩き、最上川の自然を体で感じた=白鷹町
 「最上川200キロを歩く」は第8週の2日、白鷹町蚕桑小の4~6年生20人が担当した。置賜地方に入り、米沢市の源流域が近づいてきた。巨石のある川沿いから元気にスタート。水質検査などで水と親しむとともに、実験を通して土のうの効果を知るなど、水害への備えも学んだ。

雨にも暑さにも負けず
 「すごく大きいね」。出発してすぐ、子どもたちの前に4.4メートルの巨石「つぶて石」が現れた。怪力の男が大朝日岳から投げたという伝説を聞き、子どもたちは目を丸くした。

 時折落ちてきた雨粒をものともせず、最上川沿いを出発。色とりどりの花が咲く堤防で、四つ葉のクローバーを探す。探検隊は楽しみを見つけるのが得意だ。道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋では、下流に向かうアユを捕るやな場を見学。国内最大級のやなを目の前に、9月の最盛期が待ち切れない様子だった。

 この日一番の盛り上がりは、水土のう作り体験。土のうの代わりに、家庭でも作れる水土のう。たっぷり水の入ったビニール袋の口を結ぶのに苦戦する子も。「ナイス! あとちょっと」。2人一組で協力し合って水土のうを運び、水害対策を身をもって学んだ。

 むしむしした暑さに負けず、歩き切った20人。最上川をより身近に感じ、冒険を終えた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から