最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2016

第10週 白川合流点-糠野目水辺の楽校(高畠)動画はこちら[動画]

川守る陰の努力知る 

カラーボールを油に見立て、オイルマットの使い方が実演された=南陽市・朝鮮堀排水樋管
カラーボールを油に見立て、オイルマットの使い方が実演された=南陽市・朝鮮堀排水樋管
 「最上川200キロを歩く」の第10週は16日、南陽市漆山小の4、5年生20人が担当した。リレーウオークは今回を含め残り2週。最終週にバトンをつなごうと、探検隊は蒸し暑さに負けず元気いっぱいに堤防の上を歩いた。草刈り機の操縦体験などを通じて最上川の環境保全や利水対策について学ぶとともに、しっかりとごみ拾いもこなし、母なる川への愛着を深めた。

油の流入防ぐ作業見たよ
 第1週のスタート地点・酒田市の最上川河口で約380メートルあった川幅が100メートルほどまで狭まり、源流域の姿が見えてきた。最上川へと繰り出した子どもたちは早速、堤防沿いの花々を摘んで花飾りを作るなどして大はしゃぎ。冒険への期待で心が弾んだ。

 油の流入を防ぐオイルマットの実演を見学し、1967(昭和42)年の羽越水害について学習。南陽市でも2013、14年と豪雨被害が続いたこともあり、子どもたちの表情は真剣そのもの。淞郷堰(しょうごうぜき)では、川の水を農業に活用する仕組みを学び、最上川がもたらす恵みを実感した。ゴール地点の糠野目水辺の楽校では、飛び石を渡るなどして遊び、近くの川で治水対策に向けた川の流量観測を見学した。最後まではつらつとした姿を見せた子どもたち。母なる川から多くのことを学び取った一日となった。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から