県内ニュース

県内百貨店、初売りにぎわう

2016年01月02日 22:40
開店前に1000人を超える人が列をつくり、威勢のいい太鼓が客を迎えた百貨店の初売り=山形市・大沼山形本店
開店前に1000人を超える人が列をつくり、威勢のいい太鼓が客を迎えた百貨店の初売り=山形市・大沼山形本店
 県内の百貨店などで1、2の両日、今年の初売りが行われ、各店舗は目当ての商品を求める大勢の買い物客でにぎわった。新春恒例の福袋を手にした人たちは、一様に満足げな笑みを浮かべていた。

 2日に今年の営業を開始した山形市の大沼山形本店では午前4時すぎから並ぶ人もおり、開店前には約1200人の行列ができた。午前9時50分に予定より10分早く開店すると、待ちわびた人々は次々と店内へ。婦人服ブランドの福袋、菓子やこんにゃくなど食品の詰め合わせは飛ぶように売れていった。

 福袋は5千、1万円台を中心に7千個用意。北陸新幹線の乗車券と温泉旅館の宿泊を組み合わせたものなど、近年人気がある体験型の商品も販売された。山形市内から家族5人で訪れた主婦小川優子さん(61)は「お得な魚介類の詰め合わせを買えてよかった。新年は財布のひもが緩む」とほほ笑んだ。

 同市の十字屋山形店は1日に営業を始め、くじ引き方式でお得な買い物券が当たる「初夢千本引き大会」が好評だった。酒田市のマリーン5清水屋も1日からの営業で、和洋菓子をはじめとする食品の福袋、紳士服関係の売れ行きが好調だったという。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  2. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  5. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  6. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  7. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  8. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  9. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から