県内ニュース

“急増”12月だけで1億円超 山形市ふるさと納税

2016年01月06日 07:57
PR
 希望の自治体に寄付をすると税金が軽減される「ふるさと納税」で、山形市への寄付額が先月だけで1億円を突破した。ポータルサイト活用、期間限定での返礼品倍増などの取り組みが奏功。市長選の公約で目標額を10億円と掲げた佐藤孝弘市長は、5日の記者会見で「総額が増えることで、市の手元に残る分も多くなる」とし、返礼率向上などの施策を今後も推進する考えを示した。

 好調の要因は、従来にはなかった積極姿勢だ。市は先月1日、ポータルサイト「ふるさとチョイス」を通じた寄付受け付けを開始した。それに合わせ、寄付額に応じた返礼品を1品から2品にするなどの「倍返しキャンペーン」を1~20日に実施。50万円以上の寄付に対し、びょうぶ、山形鋳物の茶釜などの特別な返礼品を送る高額寄付プランには4件の申し込みがあり、反響は予想以上だった。

サイト活用や「倍返し」奏功
 本年度の申し込み状況は4~11月で1070件、約3100万円だった。昨年度は年間で1026件、約1210万円。返礼品の数を26品から120品に増やすなどの年度当初からの施策に加え、佐藤市長の意向を反映した高額寄付プランの創設などで、先月は1カ月間だけで4077件、約1億120万円と、件数、金額ともに急伸した。

 市は年度内に、市長の公約である「健康医療先進都市」に絡めた人間ドックや陽電子放射線断層撮影(PET)検査、市として初の試みのサクランボ早期受け付けキャンペーンをラインアップに加える予定。年度末には再び期間限定の「倍返しキャンペーン」を実施し、申込件数が落ち込みやすい1~3月の間のてこ入れを図る方針だ。来年度に向けては、山形まるごとマラソンの出走権をはじめ、返礼品の総合的な見直し、多様化を検討している。

 本年度の申込金額が20億円を突破している天童市などを念頭に佐藤市長は「たくさん集めている自治体はおおむね5割を上限に返礼品の金額を決めている」とし、現状からの返礼率の引き上げを示唆。10億円の達成については「本年度でいろんな準備をし、来年度で達成できればいい」と早期実現に意欲を見せた。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から