県内ニュース

鶴岡高専の女子学生3人、技術士の夢へ一歩 1次試験、女性で最年少合格

2016年01月08日 13:54
技術士1次試験に最年少タイで合格した鶴岡工業高等専門学校の(左から)佐藤蕗子さん、遠藤彩華さん、阿部あすかさん
技術士1次試験に最年少タイで合格した鶴岡工業高等専門学校の(左から)佐藤蕗子さん、遠藤彩華さん、阿部あすかさん
 鶴岡市の鶴岡工業高等専門学校(加藤靖校長)の女子学生3人が、国家資格・技術士(情報工学部門)の1次試験に女性として最年少タイ(17歳)で合格し、技術士補の称号を得た。合格したのは、いずれも制御情報工学科の3年阿部あすかさん(17)と佐藤蕗子さん(17)、2年遠藤彩華さん(17)。四年制大学卒業程度の知識が要求される資格で、10代の合格者はわずか。3人は「努力が報われてよかった」と喜びを語る。

 技術士は技術士法に基づく国家資格。電気・電子、建設など20部門に分かれ、専門知識と応用能力、豊富な実務経験が求められる。1次試験合格後に4年間の実務経験を積むと2次試験の受験資格が得られ、合格すると正式に技術士となり、進学や就職、職場内の昇任で評価される。

 1次試験はマークシートで、設計や情報、バイオなど科学技術全般の基礎知識のほか、業務上の倫理、各部門の専門知識が問われる。情報工学部門では、プログラミングやコンピューター言語などの専門的な問題が出された。

 本年度は全部門で計約1万7千人が受験し、合格率は50.6%。合格者の平均年齢は34.7歳で、10代の合格率は2.4%だった。情報工学部門は561人が挑戦し、合格率は69.3%。鶴岡高専では3人のほかにも機械、応用理学、情報工学の各部門で16人が合格している。男性の1次試験最年少合格記録は8歳。

 阿部さんら3人は、試験の半分以上が未履修だったといい、通学時間や休み時間などを活用して毎日5、6時間を試験勉強に割いてきた。将来の夢として世界で活躍するエンジニアや車の自動制御システムの開発者になることを挙げ「公的な尺度で学力を認めてもらい自信になった。夢に向けた研究やほかの資格にも積極的に挑戦したい」と次を見据えていた。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から