県内ニュース

荘内銀本店で地鎮祭 建て替え、来年夏にも営業

2016年02月13日 15:03
神事で玉串をささげ、工事の安全を祈願する国井英夫荘内銀行頭取(中央)=鶴岡市本町1丁目
神事で玉串をささげ、工事の安全を祈願する国井英夫荘内銀行頭取(中央)=鶴岡市本町1丁目
 荘内銀行(国井英夫頭取)が、鶴岡市本町1丁目で建て替え工事を計画する本店ビルの地鎮祭が12日、現地で行われ、関係者約50人が工事の安全、無事故を祈願した。2017年5月末に完成し、本店営業部のオープンは同年夏ごろを予定する。

 従来の敷地を広げ、面積は6216平方メートル。建物は鉄骨造り6階建てで延べ床面積は8082平方メートル、高さは約28.6メートルになる。近くを流れる内川周辺の景色と遠くに見える山々と調和が取れたデザインで、1階に市民が気軽に立ち寄ることができるエントランスホールやギャラリーを設ける。建物正面はみゆき通りに面する。

 この日は山本益生副市長、早坂剛鶴岡商工会議所会頭、建設業者らが出席。神事終了後、国井頭取は「本店建て替えは創業140年に向けた大事業。中心市街地のランドマークとなれるよう地域の皆さんに喜んでもらえる建物にしたい」とあいさつした。

関連写真

  • 荘内銀行新本店の外観図

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  2. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  5. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  6. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  7. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  8. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  9. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から