県内ニュース

【モンテ】プレシーズンマッチ敗れる 大宮に1-2

2016年02月14日 11:37
〈大宮―山形〉後半ロスタイムにヘディングで得点を決め、ゴールに向かって駆けだすMF鈴木雄斗=さいたま市・NACK5スタジアム大宮
〈大宮―山形〉後半ロスタイムにヘディングで得点を決め、ゴールに向かって駆けだすMF鈴木雄斗=さいたま市・NACK5スタジアム大宮
 サッカーJ2・モンテディオ山形は13日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮でJ1大宮とプレシーズンマッチ(前後半45分)を行い、山形が1―2(0―1、1―1)で敗れた。

 山形は前半、中盤をダイヤ形にした3―6―1の陣形。トップ下のMFディエゴ・ローザのドリブル、MF高木利弥とMF山田拓巳の両サイドからの攻撃で好機をつくるがゴールできず、22分に先制を許し折り返した。

 後半は3―4―3のダブルボランチに陣形を変更。25分に追加点を奪われるなど守勢に回る場面が多かったが、終了間際に、いずれも後半途中出場のDF荒堀謙次の右クロスにMF鈴木雄斗が頭で合わせ、1点を返した。

 プレシーズンマッチは開幕前に公式戦と同じ運営形式で行う試合。約1万2千人が集まり、クラブによると山形サポーターは約800人が訪れた。山形は12日に千葉県館山市での1次キャンプを終え、この日から同県市原市での2次キャンプに入った。

 新戦力がアピールした。試合終了間際、ともに後半に途中出場した、DF荒堀謙次がペナルティエリア右側を駆け上がりクロスを上げ、MF鈴木雄斗が中央左で合わせて力強いヘディング。今季加入の2人の力でゴールネットを揺らし、山形が一矢報いた。

 前半22分に失点すると、なかなかボールが奪えなくなった。MFディエゴ・ローザは果敢な突破を見せるが、得点につながらない。「動き出しは良かったが、(周囲との)距離が遠かった」。昨季J2優勝チームを相手に苦しみ、攻守とも十分に連動した動きは見せられなかった。

 だが11人いる新戦力は、1年でJ1返り咲きを狙うチームの力となるため、アピールに懸命だ。荒堀は何度も右サイドをえぐろうとし、足首を痛めていたという鈴木は2点を追う苦況を打開しようと前線で動き回る。その結果のゴール。荒堀は「イメージ通りに決めてくれた」と喜び、鈴木は「いいボールが上がった。少ない時間でもアピールしたかった」。敗戦の悔しさを表情に出しながらも、少しの充実感を漂わせた。

 J2開幕まで残り2週間。石崎信弘監督は「まだまだ課題がある」と話したが、表情に暗さはない。新戦力の貪欲さは、間違いなく好材料だ。

まだまだ課題がある
 石崎信弘監督の話 J1の相手と対戦し、課題を出し改善するのが狙い。攻守ともまだまだ課題がある。全体で連動してプレッシャーがかけられない。試そうと思った(MF)佐藤優平や(MF)ディエゴ・ローザなど新しい選手は良いところを出した。開幕に向けて良い準備をしていきたい。

モンテ、選手ひと言
 ▽DF渡辺広大
 なかなか(相手にプレッシャーが)かからなかった。先制されてから相手に余裕が生まれた。ボールを取るためには「ここで行く」という、あうんの呼吸が必要だ。

 ▽DF石川竜也
 修正すべき課題が見られたゲームだった。ここから(相手守備の)崩し方を練っていきたい。

 ▽MF佐藤優平
 (後半はMFアルセウとダブルボランチでプレー)アルセウとはコンビネーションがいい。

 ▽FW林陵平
(後半から出場)前半は攻めあぐねていた。(自分が入り)リズムをつくり、流れを変えられたと思う。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から