県内ニュース

日本の観光地イメージ、トップは温泉 政策投資銀調査

2016年02月14日 14:18
PR
 日本政策投資銀行がアジア8地域の海外旅行経験者に行った2015年意向調査で、行ってみたい日本の観光地イメージのトップは温泉で、桜や雪景色、紅葉への人気が高まっていることが分かった。いずれも東北に豊富な観光資源だが、一方で東北の認知度は10%と低かった。認知度が高まれば誘客につながる可能性は高い。同行東北支店は「山形県は全市町村に温泉があり、アジアに人気の果物狩りも通年でできる。この強みを発信してはどうか」としている。

 東北の4都市の認知度を尋ねたところ「福島」の32%が最も高く、「仙台・松島」(23%)、「青森」(18%)、「岩手・平泉」(13%)と続いた。いずれも「東北」の認知度を上回り、エリアよりも個別の観光地ごとに認識されていることがうかがえる。青森は継続的なプロモーションを展開してきた成果が出ているとみられるという。

 東北訪問経験者は訪日回数2回以上の人が7割を占めたが、回数別で最も多かったのが1回の33%。14年の前回調査より6ポイント増えた。2回が24%、6回以上が22%で続いた。訪日初心者も東北に足を運んでいる傾向が見てとれる。

 行ってみたい日本の観光地イメージで最も高かったのが温泉で71%が希望した。以下は(2)桜(68%)(3)富士山(68%)(4)日本的な街並み(66%)(5)雪景色(59%)(6)日本旅館(58%)(7)新幹線(55%)(8)紅葉(53%)―の順。14年は桜が4位、雪景色が6位、紅葉が9位で、いずれも人気が高まっている。

 訪日経験者に、日本の地方への訪問意欲を尋ねた項目では、地方訪問の経験者を中心に93%が「旅行したい・訪れてみたい」と答えた。その際にしたいことは(1)温泉を楽しむ(57%)(2)自然観光地を訪れる(56%)(3)郷土料理を食べる(52%)―が上位だった。

 同行東北支店は「外国人旅行者の波は地方に向かっている。東北に豊富な自然・景観への期待は高く、ありのままの価値を伝える好機」と分析。本県の蔵王・山寺や出羽三山を含む東北16拠点を結ぶ観光庁認定の「日本の奥の院・東北探訪ルート」や、東北復興を支援する地域づくり団体が発案した「東北・夢の桜街道」の事例を紹介し、「周遊意欲を引き出していく必要がある」と提言した。

 【メモ】調査は15年7月、韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアの8地域を対象にインターネットで実施。4111人から回答を得た。うち東北を訪れた経験のある人は211人。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から