県内ニュース

飛行距離“日本記録”に挑む 南陽の加藤さんら、車いすパラグライダーで

2016年03月19日 15:30
車いすを使ったパラグライダータンデム飛行で、飛行距離の日本記録に挑戦する加藤健一さん(右)と金井誠さん=南陽市
車いすを使ったパラグライダータンデム飛行で、飛行距離の日本記録に挑戦する加藤健一さん(右)と金井誠さん=南陽市
 去年10月、南陽市十分一山から車いすを使ったパラグライダータンデム飛行に成功した加藤健一さん(34)=同市椚塚=と県ハング・パラグライディング連盟会長の金井誠さん(53)=同=が、飛行距離の“日本記録”に挑戦することになった。「スカイスポーツのバリアフリー促進のためにも、次のステージに挑む」と2人は目を輝かせる。

 病気で車いす生活を送りながら地域のバリアフリー化に取り組む市民グループ「Gratitude(グラッティテュード)」代表を務める加藤さん。金井さんは市内でパラグライダースクールを開き、十分一山のある南陽スカイパークで多くの人にパラグライダーの楽しさを伝えている。

 2人は去年のタンデム飛行を機に親交を深めた。加藤さんが4月1日に設立するバリアフリー観光ツアーセンターのアピールを兼ねて記録挑戦を決意。国内ではタンデム飛行の距離を競う部門はあるが車いすを使った部門はなく、今回の挑戦結果を金井さんが日本ハング・パラグライディング連盟に申請する。

 挑戦日は30、31日と4月6~8日の2段階で設定。十分一山から離陸し米沢市の松川河川敷までの約14.5キロをコースに決めた。高畠町の亀岡文殊付近など数カ所で上昇気流をとらえて高度を上げ、北西からの追い風に乗ってゴールを目指す。途中10カ所程度に緊急着陸ポイントを設定。ゴールまで到達しなかった場合も飛行距離を記録として残すことにしている。

 国内外で数々の飛行経験を持つ金井さんは「車いすの重量、風の抵抗も大きく難しいフライト。何より風に恵まれ続けることが成功には不可欠だが、2人の熱い気持ちに天も味方してくれるはず」と笑顔。加藤さんも「挑戦しなければ何も始まらない。障害者も含め多くの人が楽しめる南陽の魅力をどんどん発信していきたい」と意気込む。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から