県内ニュース

南陽・東置賜が総合5連覇 県縦断駅伝最終日

2016年04月29日 21:59
南陽・東置賜はアンカー内山富夫(南陽市役所)がトップでゴール。総合5連覇を達成した=山形市・山形メディアタワー前
南陽・東置賜はアンカー内山富夫(南陽市役所)がトップでゴール。総合5連覇を達成した=山形市・山形メディアタワー前
 山形新聞の創刊140周年を記念した第61回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)最終日は29日、8区間(長井-山形)でレースを行い、南陽・東置賜が4時間13分0秒の大会新記録で制した。3日連続で頂点に立つ完全優勝で、総合5連覇を達成した。総合タイム16時間14分51秒も大会新で、完全優勝は3年連続となる。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 総合順位では、この日2位となった酒田・飽海が前日までの3位から一つ上げて2位に入った。前日まで総合2位だった北村山は、この日9位と振るわず総合順位を一つ下げて3位。4位には山形、5位には天童・東村山がともに順位を一つ上げて食い込んだ。6位は寒河江・西村山となった。以降は鶴岡・田川、長井・西置賜、上山、新庄・最上、米沢と続いた。大会では、区間記録などで新記録が計25生まれた。

 レース後に山形メディアタワーで表彰式が行われ、大会会長の寒河江浩二山形新聞グループ経営会議議長(山形新聞社長)と同副会長の本間和夫山形放送社長らが出席。南陽・東置賜に優勝旗と優勝杯などを手渡した。主催者を代表し寒河江会長が「力走と白熱した順位争いは沿道のファンの心を熱くし大会を盛り上げてくれた」とあいさつし、選手たちをねぎらった。

【特集】県縦断駅伝

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から