県内ニュース

白鷹町長選、現職の佐藤氏4選

2016年10月16日 22:11
PR
 任期満了に伴う白鷹町長選は16日に投票が行われ、即日開票の結果、現職の佐藤誠七氏(65)=十王=が、新人で前町議の樋口与一朗氏(60)=荒砥乙=との一騎打ちを制し、4選を果たした。投票率は73.46%で2010年の前回選挙戦を4.89ポイント下回った。

 佐藤氏は、政党の推薦を受けない「町民党」を掲げ、後援会を軸とした厚い組織戦を展開。町議13人中8人が支援に回った。18歳までの医療費無料化や荒砥高存続に向けた取り組みなど在任8年間の実績と経験をアピール。知名度の高さを生かし、地元十王をはじめ町全域で優位に戦いを進め、リードを守り切った。

 樋口氏は今年8月に町議を辞職し出馬を表明。企業や団体からの推薦を受けず、草の根戦を挑んだ。町複合施設整備計画からの町役場除外などを訴え、地元荒砥や町西部などで一定の支持を集めたが、出遅れが響き広がりに欠けた。

 佐藤氏は荒砥甲の選挙事務所で「素晴らしい結果で再び町政を担わせていただくことになった。大きく耳を開け、一歩一歩、町民の幸せのために頑張っていく」と決意を語った。

町議補選は渡部氏
 樋口氏の町議辞職に伴い、町長選と同日程で行われた町議補選(欠員1)は、新人で自営業の渡部善美氏(65)=山口=が、新人で自営業の増田啓子氏(65)=畔藤=を破り初当選した。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から