県内ニュース

石垣内野手、球界の新風になれ 家族や仲間、喜び分かつ

2016年10月21日 08:17
中日からのドラフト3位指名が決まり、チームメートから胴上げされる石垣雅海内野手(中央)=酒田市・酒田南高
中日からのドラフト3位指名が決まり、チームメートから胴上げされる石垣雅海内野手(中央)=酒田市・酒田南高
 東京都内で20日に開かれたプロ野球ドラフト会議で、酒田南高の石垣雅海内野手(18)が中日から3位指名を受けた。甲子園出場はならなかったものの、球団からは高評価で上位指名。本人からは周囲への感謝の言葉があふれ、恩師や仲間たちは「努力でつかんだプロ入り」と喜んだ。

 3位指名が知らされると、同校野球部の生徒ら100人超が集まった会場が一気に沸いた。同席した鈴木剛監督(35)らと喜び、笑顔がはじけた石垣内野手。家族や鈴木監督、苦楽を共にした仲間に向け「ありがとう」と伝えた。

 感謝の気持ちを伝えたい恩師がもう1人いた。この日、ポケットに1枚のはがきを忍ばせていた石垣内野手。差出人は酒田三中時代のコーチだった本間勝男さん(故人)。本文の始まりは「プロ野球での活躍を期待したい、雅海君へ」。1年前に亡くなった本間さんを思い、石垣内野手は「精神面などプラスになることを教えてもらった。活躍するので天国で見守ってほしい」と気持ちを込めた。

 会場は喜びの声に包まれた。「こんなにうれしいおめでとうは初めて。日々の努力を嫌わなかった子。引退するその日まで努力を続けてほしい」と鈴木監督。練習の虫として知られる同校卒業生の長谷川勇也外野手(ソフトバンク)の姿勢を手本に「3年間、誰よりも頑張ってきた」とたたえた。

 指名決定後に駆け付けた酒田市泉小教頭で父の学さん(49)は「小学3年からプロ入りを目標にしてきた」と幼い頃を振り返り、「太く、長い野球人生を送ってほしい」。現チームの豊川健太主将(17)は「どんな時でもバットを振り続ける姿を見てきた。フルスイングで球場を盛り上げてほしい」と、次のステージに進む先輩の存在を誇った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から