県内ニュース

家族で励む“冬の省エネ”展開中 10年度比で3%削減目安

2017年01月09日 11:47
冬場の電気使用量の削減目安を2010年度比で3%減とすることを掲げている「冬の省エネ県民運動」=県庁
冬場の電気使用量の削減目安を2010年度比で3%減とすることを掲げている「冬の省エネ県民運動」=県庁
 暖房の使用などでエネルギー消費量が増大する冬期間において県は、地球温暖化防止の取り組みを推進する「冬の省エネ県民運動」を今季も展開している。本年度は新たに、小学生向けのチェックシートを配り、家庭でできる省エネの取り組みを強化。子どもたちの取り組みを通じ、家族全体で省エネへの意識を高めてもらおうとしている。

 実施期間は2016年12月~17年3月で、電気使用量の削減目安は12~2月で10年度比3%減。15年度の削減率は暖冬の影響もあり、10年度比6.3%減だった。

 県は新規事業として、県内全小学校の5、6年生を対象に、「使わない照明はこまめに消す」「家族はまとまって同じ部屋ですごす」など5項目を示したチェックシートを冬休み前に配布。シートは冬休みの前後に使用してもらうことを念頭に、先月20日~今月31日のうち7日間で達成できた項目に○を付ける。普段の小さな心掛けが地球温暖化防止につながることを、児童たちの行動を通じて保護者にもあらためて認識してもらう狙いだ。

 県民運動は、企業の生産活動に支障のない範囲としているほか、病院や福祉施設など健康面に直結する分野の事業所は除き、効率的な電気使用などによる「無理のない範囲」での協力を求めている。

 また、県民運動の一環として、「冬の省エネ標語・川柳コンテスト」の作品を募集している。テーマは「家族でチャレンジ 冬の省エネ」で、一般と小・中学生の2部門。県のホームページからメールで応募できるほか、専用応募用紙の郵送・ファクスでも受け付ける。募集期間は今月20日まで。

 宛先は、〒990―8570 山形市松波2の8の1、県地球温暖化防止県民運動推進協議会事務局の県環境企画課。ファクス023(630)2133。問い合わせは同課023(630)2336。

県が小学生高学年向けに配布したチェックシート。家族全体で省エネへの意識を高めてもらおうとしている
県が小学生高学年向けに配布したチェックシート。家族全体で省エネへの意識を高めてもらおうとしている

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から