県内ニュース

千葉の子らと「飯豊の冬」体験 地元児童

2017年01月09日 14:25
「さいとう焼き」では、わらで組んだ塔に代表児童が点火した=飯豊町添川
「さいとう焼き」では、わらで組んだ塔に代表児童が点火した=飯豊町添川
 飯豊町の飯豊一小と千葉県南房総市千倉小の交歓会が7日から、町内で開かれており、両校の児童が雪遊びや伝統文化の体験などを通して交流を深めている。

 両市町が姉妹都市になっていることから、PTAを中心に実行委員会を設けて毎年、交歓会を開いている。今年は千倉小の5年生35人が来町し、飯豊一小の5年生25人と一緒に2泊3日の日程で冬の飯豊町を満喫している。

 7日は県飯豊少年自然の家でスノーキャンドルを作った後、夕食でひっぱりうどんを味わった。小正月の伝統行事「さいとう焼き」にも挑戦。わらで組んだ高さ約3メートルの塔に代表の児童が点火し=写真、燃え上がった炎に向かってみんなで「ヤハハエロー」と叫んでいた。

 千倉小5年沼田百恵さん(11)は「飯豊町に来るのは初めて。さいとう焼きは火が舞い上がっていて迫力があった」、飯豊一小5年菅野倖成君(10)は「交歓会が楽しみだった。もっと友達を増やして話をしたい」と語った。

 千倉小の児童は8日、中津川地区の白川温泉白川荘周辺で雪上サッカーや雪合戦、雪だるま作りなどを満喫し、飯豊一小の児童宅に分泊。9日に町を離れる。

関連記事

by weblio



文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から