県内ニュース

米沢牛、地理的表示保護制度に登録へ 3月上旬にも認定

2017年02月21日 07:55
PR
 地域ブランドの振興と信頼性向上を目的とした農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」に申請していた米沢牛が、順調にいけば3月上旬にも登録される見通しであることが20日、分かった。今後、有識者からの意見聴取を経て、登録の可否が判断される。認定されれば、地域の知的財産として国のお墨付きを得ることになり、国内外での販路拡大が期待される。

 米沢牛は置賜3市5町内で肥育を行い、出荷時の生後月齢が32カ月以上の黒毛和種の未経産雌牛と厳格に定義されている。ブランドの保護と維持向上を目的に、置賜8市町とJAなどでつくる米沢牛銘柄推進協議会(会長・中川勝米沢市長)が2015年9月にGI登録を申請していた。

 1月末に意見公募期間が終了。異議はなかったという。肉牛としては但馬牛、神戸ビーフ(ともに兵庫県)が登録されており、3例目となる。特産松阪牛(三重県)、前沢牛(岩手県)も公示されており、米沢牛同様、名だたるブランド牛が同時期に登録される可能性がある。

 本県関係のGI登録は、国税庁が昨年12月に県産の清酒を「山形」として指定。昨年10月には東根市やJAさくらんぼひがしねなどでつくる協議会が「東根さくらんぼ」を農水省に申請しており、早ければ今春にも登録される見込み。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から