県内ニュース

商標登録へ「紅大豆」の名称出願 川西町、ブランド力を強化

2017年03月03日 10:46
川西町が名称を商標出願した町特産「紅大豆」
川西町が名称を商標出願した町特産「紅大豆」
 川西町は2日、町特産「紅大豆」の名称の商標登録を出願した。文字と図形を組み合わせたロゴは登録されているが、町外産の赤豆を使った商品に対し、紅大豆という名称の使用を禁止することはできなかった。第三者が営利目的で登録することで町側が使用を制限されるのを防ぎ、ブランド力を強化する狙い。

 紅大豆は町外産の赤豆よりも濃く鮮やかな赤色が特徴で、町内の生産農家でつくる研究会が県花「紅花」にちなんで命名した。町では2003年に本格生産に乗り出し、06年に発足した同会が品質管理や増産に取り組んでいる。年間収量は約12トン。

 町は09年に「紅大豆」の文字と豆のシルエットを組み合わせたロゴを登録。当時は収量が少なく、全国的な認知度が低いなどの理由で、名称としての商標は認められなかった。家庭の庭先や畑で自然交雑により生まれた地大豆のため、品種登録も難しいという。

 商標は特許庁が半年ほどかけて審査する。町担当者は町外産赤豆を「紅大豆」として販売しているケースが県内外で見受けられるとして、「第三者に『使わせない』ではなく、あくまで自分たちが『使えなくなるのを防ぐ』のが目的」としている。商標が登録された場合、規定を設け、名称使用の申し出があった際は審査した上で、公共性を考慮し無料で使用を認める考えという。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

3月30日配信。登録はコチラ

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から