県内ニュース

外国人向けモデルツアー、雛菓子作り挑戦 鶴岡で食ツーリズム初企画

2017年03月13日 20:43
鶴岡伝統の雛菓子作りを体験する国連世界観光機関のタレブ・リファイ事務局長(左から2人目)=鶴岡市・荘内神社参集殿
鶴岡伝統の雛菓子作りを体験する国連世界観光機関のタレブ・リファイ事務局長(左から2人目)=鶴岡市・荘内神社参集殿
 訪日外国人誘客事業を進める全日空のコンサルティング会社・ANA総合研究所(東京)が関連会社と企画したツアー「お雛様クッキングin鶴岡」の一行が13日、鶴岡入りし、伝統の雛菓子作りに挑戦した。同日来県した国連世界観光機関のタレブ・リファイ事務局長(68)がツアーの様子を視察した。

 ANA総研は旅行会社ANAセールス(東京)と協力し、食文化が豊かな鶴岡市を舞台にした体験型の食ツーリズムを初企画。雛菓子作り体験をメインにした1泊2日のモデルツアーで、都内で暮らす外国出身者ら16人が参加した。

 一行は荘内神社参集殿で愛らしい和菓子作りを体験。参加者たちは地元菓子店・木村屋の斎藤公城(まさき)さん(37)らが手ほどきし、イチゴとミカン2種類の雛菓子を作った。米国生まれで都内在住の英会話講師、吉岡スーザン・サッカーさん(59)は「優しく教えてもらい楽しかった。味にも満足」と笑顔を見せた。

 自身も雛菓子作りを体験したリファイ事務局長は「観光客はそこでしかできない体験を求めている。鶴岡を知る外国人は少ない。魅力ある鶴岡をもっとPRすべきだ」とエールを送った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から