県内ニュース

「利用者は自分の家族」外国人職員活躍 山形の介護施設

2017年03月16日 15:04
利用者と触れ合うアンガ・ルスマヘンドラさん(左)とアグス・トリヤントさん(右)=山形市・ながまち荘
利用者と触れ合うアンガ・ルスマヘンドラさん(左)とアグス・トリヤントさん(右)=山形市・ながまち荘
 介護の人材不足が指摘される中、山形市の特別養護老人ホームながまち荘でインドネシア人の男性職員2人が活躍している。言葉の壁に苦心しながらも笑顔で日々の業務をこなし、国家試験合格を目指して頑張っている。

 2人はアンガ・ルスマヘンドラさん(26)とアグス・トリヤントさん(28)。ともにジャワ中部の出身で、看護師の資格を持つ。経済連携協定(EPA)を活用して2015年に来日し、同年12月から同施設で働いている。

 アンガさんは日本で挑戦しようと申し込んだといい「山形弁が分からなくて困ったときは、すぐに職員に聞いて少しずつ慣れてきた。利用者は自分の家族だと思って接している」と話す。アグスさんは漢字の勉強が大変だと漏らし「利用者に笑ってもらえると自分も幸せになる。おしゃべりが楽しい」と笑った。

 ながまち荘は10年から外国人介護職を導入し、親日家が多いインドネシアと交流を続けている。担当職員は「2人は優秀で、夜勤もこなしている。モチベーションが高く、人柄もいい」と高く評価。2人は3年間勤務して介護福祉士の国家試験に挑み、合格後は継続して働く予定だ。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から