県内ニュース

山形東高は佐藤氏、興譲館高は横戸氏 新校長内示、県教職員異動

2017年03月22日 08:06
 県教職員の人事異動が21日内示された。異動者数は2415人。職員全体に占める割合は20.8%で前年度より0.5ポイントダウン。発令は4月1日。

 高校長の定年退職者は10人で、その後任を中心に人事作業が進められた。山形東には佐藤俊一教育次長が就任。米沢興譲館に横戸隆米沢工業校長が起用された。山形北は鈴木慈天童校長、山形商業は井関滋夫左沢校長が就く。行政からの現場復帰では、新庄北に岸善一県立博物館長が就任。新採校長は、上山明新館校長となる阿部孝霞城学園副校長ら7人。

 義務教育は小学校44人、中学校24人の校長が退職する。小学校は山形三に渡辺修桜田校長、山形六に丹野宣秀金井校長、朝暘一に小田悟志羽黒二校長が配置された。米沢西部には神尾正俊愛宕校長が就く。寒河江に山田健二寒河江市学校教育課長が転じるほか、新庄には門脇昭最上教育事務所長が就任する。

 中学校は、山形四に坂本尚志村山教育事務所長、山形五に阿部善和教育次長が就任する。日新は荒井祐也舟形校長、東根一は西塚裕樹神町校長、米沢二は金沢真米沢六校長が務める。酒田一は松本克則琢成小校長が起用された。

 今回の人材配置については、2015年度にスタートした第6次県教育振興計画の推進をはじめ、少人数学級編成「教育山形さんさんプラン」の一層の充実を重視した。次期学習指導要領などを踏まえ、児童生徒の主体的な学び「探究型学習」の取り組みを強化することも重要視した。

 このほか県教育委員会における組織機構の主な改正では、教職員の資質向上や大量退職・採用への対応などを視野に、総務課の教職員室を「課」に格上げする。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から