県内ニュース

南東北IH、メダル試作品お披露目 7、8月に開催

2017年03月30日 11:03
南東北インターハイで選手に贈られる入賞メダルの試作品=県庁
南東北インターハイで選手に贈られる入賞メダルの試作品=県庁
 本県を幹事県に宮城、福島との南東北3県で7、8月に開催する全国高校総体夏季大会(南東北インターハイ)の県実行委員会総会が29日に県庁で開かれ、大会で3位までに贈られる金、銀、銅の入賞メダルの試作品をお披露目した。

 メダルは県内高校生から原画を募り、山形中央高1年の工藤朱里さん(16)の作品が採用された。左右にある突起は「大会からさらに次のステップに飛躍して」との願いを込め、中央のシンボルマークの周囲にはベニバナなど3県の花をあしらった。試作品は総会会場に展示された。直径7センチ、厚さ7ミリで、重さは約110グラム。

 総会には大会会場の市町や競技団体などから約55人が出席。大会本番の2017年度事業として総合開会式の準備や案内所設置、メッセージ入り歓迎のぼり旗の製作などを決めた。予算は5億4800万円。

 吉村美栄子知事は「地元高校生の活躍に期待が高まり、準備や運営でも高校生が主役となる。万全の準備を進めていく」と述べ、大会成功への協力を呼び掛けた。

来月23日、県内5会場で100日前企画
 南東北インターハイを盛り上げるため、およそ100日前となる4月23日に、カウントダウンイベントが県内5会場で同時に開かれる。

 大会PRやもてなし準備などを行う県内の高校生が開催する。場所は▽霞城セントラル(山形市)▽ゆめりあ(新庄市)▽イオン米沢店(米沢市)▽エスモール(鶴岡市)▽酒田市公益研修センター(酒田市)。いずれも午後1時から。

 競技種目紹介のほか、各地区の高校生がダンス、徳内ばやしや花笠踊り、和太鼓、合唱、書道など多彩なパフォーマンスを繰り広げる。3地区ではトークショーもあり▽バレーボールのプレミアリーグ・JTの越川優選手(山形会場)▽北都銀行バドミントン部の原田利雄監督と佐々木翔コーチ(新庄会場)▽アテネ五輪体操男子団体総合金メダリストの塚原直也さん(酒田会場)が出演。米沢会場ではロボット展示がある。入場は無料。問い合わせは県全国高校総体推進課023(630)2385。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から