県内ニュース

オンサリゴ、長井・西置賜へ移籍 南陽・東置賜から

2017年04月08日 07:26
2016年の県縦断駅伝競走大会で南陽・東置賜チームの一員として速さを示したジョセフ・オンサリゴ。4月から所属が変わり、長井・西置賜チームに移った=川西中継所
2016年の県縦断駅伝競走大会で南陽・東置賜チームの一員として速さを示したジョセフ・オンサリゴ。4月から所属が変わり、長井・西置賜チームに移った=川西中継所
 県縦断駅伝競走大会で南陽・東置賜チームの中心選手として活躍したジョセフ・オンサリゴが、長井・西置賜チームに移った。昨年は大会最終日に圧倒的な速さを示し南陽・東置賜の総合優勝に貢献。長井・西置賜の選手として大会本番で出場すれば、ケニア出身の25歳の走りは再び大きな注目を集めそうだ。

 関係者によると、これまで所属していた南陽市のエヌ・デーソフトウェア(NDソフト)が、本人の意向を踏まえて契約を更新しない方針を固め、新たな受け入れ先として打診を受けた那須建設(長井市)が4月1日から正社員として雇用した。基本的に陸上選手として活動し、長井市を拠点に練習する方針。一方で陸上教室などを通じて長井・西置賜地域のスポーツ・文化振興に携わるという。

 長井・西置賜の手塚一司監督は「チームの刺激になりレベルアップにつながることは間違いない」とし、「地元企業の協力で実現した。地域の期待に応えるため、これまで以上に強い決意を持って大会に臨む」と話した。

 オンサリゴは2011年に創造学園大(群馬県)に入学。13年から南陽市役所嘱託職員となり、南陽・東置賜チームの一員で県縦断駅伝で活躍。14、15年の全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場した。15年からNDソフトに所属していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から