県内ニュース

【モンテ】勢い加速へ大事な一戦 きょう15日、ホーム東京V戦

2017年04月15日 12:07
練習中に笑顔を見せるFW瀬沼優司=天童市・県総合運動公園サブグラウンド
練習中に笑顔を見せるFW瀬沼優司=天童市・県総合運動公園サブグラウンド
 サッカーJ2は第8節第1日の15日、各地で9試合を行う。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で東京Vと対戦する。前節大分戦で6試合ぶりの勝利をつかんだ山形。今季好調の東京Vが相手だが、さらに勢いづくために大事な意味を持つ一戦だ。

 東京Vは開幕戦で敗れた後、第2節から無失点で5連勝。前節こそ昨季J1の湘南に2―3で敗れたが、後半の猛攻で相手を慌てさせた。従来の高い個人技に加え、スペイン人のロティーナ新監督の下、組織的な守備をベースに安定した試合運びを見せている。基本陣形は3―4―3。ブラジル人FWで身体能力の高いアラン・ピニェイロとドウグラス・ビエイラ、日本人ではMF高木善朗、DF安西幸輝らが危険な存在だ。

 山形の木山隆之(たかし)監督は東京Vについて「守備をしっかりしてボールをつなぐ。うちと似ている。どちらが自分たちの展開に持っていくか」。一方で「東京Vは攻撃的な選手が多い。これまでの試合では対戦相手からバイタル(ペナルティーエリア付近)を突かれるシーンもあった」と狙いどころを示す。

 MF中村駿は「守備では前に起点をつくらせないこと。相手のプレスは特殊な面があるが、それを外せばチャンスは来る」、FW鈴木雄斗は「相手は足元がうまい。気持ち良くプレーさせないようにプレッシャーをかけたい」とそれぞれ話した。

走る、2連勝に向かって―FW瀬沼
 FW瀬沼優司が今季初の2連勝に向け、攻守両面での貢献を約束する。前節大分戦の先制弾も含め、今季ここまで3得点はチーム最多。「得点はまた狙いたいが、まずは勝つことが最優先。ホームは勝たなきゃいけない」。柔和な笑顔の奥で静かに燃える。

 瀬沼といえば、試合終盤まで馬車馬のごとくピッチを駆ける姿が印象的。運動量の多さはデータにも表れ、前節大分戦で走った総距離は約14キロでチームトップ。「自分が絶対にやらないといけない部分」と、特長の走力に強いこだわりを持つ。次戦の東京Vの印象は「守備が堅いのでカウンターを警戒したい。ハードワークもある」。攻守の切り替えの速さや運動量で上回ることが肝要だと強調する。

 ピッチ内で見せる愚直で激しいプレー以外にも、ユニークなキャラクターが注目を集める。前節は試合終了後の場内インタビューで、声援に対して「ありがどさま」「こだな感じでいいがっす」などと、知人に教わったという山形弁を駆使して会場を沸かせた。「自分は住民票も移して山形県民。山形に完全に染まりたい。一人でも応援してくれる人が増えてほしい」。熱い気持ちが全ての原動力だ。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から