県内ニュース

県縦断駅伝~挑む40代選手(中) 41歳、高岡利彦さん(米沢)

2017年04月18日 11:18
「再びチームが強くなるまで続けたい」と話す米沢の高岡利彦さん=米沢市
「再びチームが強くなるまで続けたい」と話す米沢の高岡利彦さん=米沢市
 第62回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)で、米沢の高岡利彦さん(41)=置環=は出場すれば22回目。「ここまで来たのは喜び」と話す一方で「再び米沢が強くなるまでは続けたい」。チーム最年長として浮上に心を砕く。

 初出場した米沢工業高生の当時、米沢は上位の常連だった。だが第45回(1999年)以降は総合7位以下が続く。「以前は社会人選手が多くチーム内の競争が激しかった」。近年は、地元に就職する選手がいても、仕事や家庭の環境が整わず競技を続けられないケースに危機感を抱く。「自分は家族と職場の理解があり、感謝です」と高岡さん。

 40歳を超えメンバーに選ばれることはうれしいが、後輩の力が上がり層が厚くなれば外れるのが自然な流れ。本音は「少し切ない」だ。だから強豪時代を知る自らが刺激を与えたいと考える。合同練習では率先して「頑張ろう」と声を出す。若手にはチームの良い選手の走りから取り組み方を吸収し、長く続けてほしい。「それぞれの世代で県縦断駅伝をつないでいきたい」と願う。

 米沢は昨年、総合最下位も最終日順位は3位と奮起した。「光が見えた。今年はその流れでつなげたい」と展望しつつ、「自分も貢献したい」。チームへの思いは衰えることがない。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から