県内ニュース

300キロ、大鳥居のしめ縄掛け替え 南陽・烏帽子山八幡宮

2017年04月18日 21:12
市民や観光客が見守る中で行われたしめ縄の掛け替え=南陽市・烏帽子山八幡宮
市民や観光客が見守る中で行われたしめ縄の掛け替え=南陽市・烏帽子山八幡宮
 南陽市赤湯の烏帽子山八幡宮(新山宏三宮司)で18日、大鳥居のしめ縄掛け替えが行われ、大勢の市民や観光客が建立以来続く伝統の作業を見守った。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 大鳥居は八幡宮の裏山から切り出された凝灰岩を用い、1903(明治36)年に建立。高さ10.75メートル、幅12.7メートルで、継ぎ目の無い石造りとして日本一の大きさを誇る。地元の保存会(外山祐吉会長)が毎年、新しいしめ縄を作っている。

 この日は重さ約300キロ、長さ約10メートルのしめ縄を載せたトラックが、赤湯小6年生約100人による鼓笛隊の先導で赤湯地区をパレード。八幡宮に続く石段に着くと、保存会メンバーが10人掛かりで担いで大鳥居まで運んだ。

市民や観光客が見守る中で行われたしめ縄の掛け替え=南陽市・烏帽子山八幡宮
市民や観光客が見守る中で行われたしめ縄の掛け替え=南陽市・烏帽子山八幡宮
 神事の後、メンバーがはしごで大鳥居の上部へ。古いしめ縄を下ろした後、滑車を使って新しいしめ縄をゆっくりと引き上げた。強い風が吹く中、約1時間掛けて作業が終わると、心配そうに見詰めていた見物客から大きな拍手が起こった。近くに住む会社員五十嵐裕介さん(34)は「百年以上も続く伝統行事が地元にあることが誇らしい」と話していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から