県内ニュース

県内、黒字三セク増加 15年度の経営状況まとめ

2017年04月20日 08:28
PR
 県がまとめた2015年度の財政状況によると、県内市町村が出資する第三セクター93法人のうち、64法人が黒字(68.8%)となり、赤字は29法人(31.2%)で前年度より10法人減少した。三セク全体では3億4200万円の黒字を計上している。

 市町村の財政状況とともに、県市町村課が県内市町村の15年度の地方公営企業決算や三セク、土地開発公社の経営状況を取りまとめた。

 経営状況の調査対象は、出資割合25%以上か、同25%未満でも補助金などの財政的援助を受ける計93法人。14年度と比べ、黒字は12多い64法人で、黒字額は2億800万円増の4億7100万円。赤字は10少ない29法人で、赤字額は5900万円減の1億2900万円となった。5法人は負債より資産が大きく、債務超過額は7300万円。

 県内市町村の土地開発公社数は、鶴岡市の公社解散で前年度より1減の20。15年度決算では、12公社が当期損失を計上し、全体の赤字額は1億4010万円。15年度は1.4ヘクタール(1億2100万円)の公有地先行取得事業と、1.5ヘクタール(1億4100万円)の土地造成事業を行った。

 15年度末の保有土地面積は、前年度より4.3%減の94ヘクタール。取得から5年以上経過している長期保有土地面積は、前年度比5.6%減の87.6ヘクタールで、このうち10年以上は67ヘクタールとなっている。

 一方、地方公営企業の事業数は水道、下水道、病院など178事業で、決算規模は1467億5400万円。黒字は163事業、赤字は15事業で、14年度の会計基準見直しで発生した特別損失が減少したことを主要因に、全体の総収支は32億8700万円の黒字となった。不良債務、資金不足が生じている団体はなかった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から