県内ニュース

ワイヴァンズ最終戦飾れず 群馬に61-72

2017年05月09日 09:13
〈群馬―山形〉第3ピリオド、パスを出す山形の山本柊輔=前橋市・ヤマト市民体育館前橋
〈群馬―山形〉第3ピリオド、パスを出す山形の山本柊輔=前橋市・ヤマト市民体育館前橋
 バスケットボール男子のBリーグ2部は第30節第3日の7日、各地で8試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは前橋市のヤマト市民体育館前橋で群馬と対戦し、61―72で敗れ、今季最終戦を勝利で飾れなかった。山形は8連敗で、通算成績は26勝34敗。順位は5位でBリーグ初年度のシーズンを終えた。

 山形は高橋祐二、村上駿斗(山形南高出)、佐藤正成(同)、小島佑太、ゲイリー・ハミルトンが先発した。第1ピリオド(P)から得点が伸び悩み、前半は21―41で終えた。ハミルトンの負傷退場もあり、第3ピリオド(P)に一時30点までリードを広げられた。第4Pにセス・ターバーの得点などで点差を縮めたものの、前半のビハインドが最後まで響いた。フィールドゴール成功率は25.9%で低調だった。

 ターバーが17得点、伊沢実孝が13得点11リバウンドだった。

 2部はレギュラーシーズンの全日程が終了し、1部昇格を懸けたプレーオフには東地区の群馬、中地区の西宮、西地区の島根と広島が出場することが決まった。

苦境でも必死に戦った
 ヘッドコーチ代行の石川裕一アシスタントコーチの話 ゲイリー・ハミルトンがけがのため途中から出場できなくなったが、そんな状況でも選手たちは必死に戦った。後半はしっかりとオールコートの守備をしてくれた。今季最後の試合で結果を出せずに終わったが、今シーズンを通して応援してくれた皆さんに心から感謝している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から