県内ニュース

ひょうたん池一帯を「湊庭園」に 酒田・日和山公園、来年度末 完成めざす

2017年05月16日 12:23
「湊庭園」として改修工事が行われている「ひょうたん池」の周辺=酒田市・日和山公園
「湊庭園」として改修工事が行われている「ひょうたん池」の周辺=酒田市・日和山公園
 酒田市は日和山公園にある通称「ひょうたん池」一帯を「湊(みなと)庭園」(仮称)として改修工事を進めている。酒田港方面から同公園への動線として利用しやすいよう配慮しつつ、付近には松尾芭蕉も上陸した舟着き場があったという歴史的背景を学び、四季の草花を楽しむことができる場所として整備。来年度までの計画で、本年度は枯れ山水の庭やあずまやの設置、園路舗装などを予定している。

 「ひょうたん池」は木造六角灯台と展望台の間に位置する。水の循環システムの故障などで長年放置され、谷あいで目につきにくかった池周辺の約5千平方メートルを整備することにし、昨年9月に着工した。事業費は約1億2500万円。

 湊庭園は▽門を建てる「出入口」▽かつての酒田港・日和山公園・最上川周辺の風景を表現する「枯山水の庭」▽藤棚や歴史案内板などを配置する「瑞賢広場」―の三つのゾーンで構成する。

 「芭蕉坂」に接する出入り口には松尾芭蕉に関する案内板を、枯れ山水の庭にはあずまやをそれぞれ設置し、瑞賢広場には市内から常夜灯を移築。園内を周遊できる通路を造り、植栽は既存のクロマツや紅葉などを保全しつつ、ウメやツツジ、アジサイ、ツワブキなど年間を通して花の彩りを楽しめるようにする。

 昨年度は階段を新調し、手すりや照明施設、石積みを設置した。植栽を含めて来年度末の完成を見込んでいる。市土木課公園緑地係の担当者は「この周辺は酒田の文化の玄関口とも言える場所。酒田の歴史に触れながら四季の彩りを楽しめるスペースとして整備していきたい」と話している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から