県内ニュース

買物バス、新たに1路線運行 村山市西部と楯岡市街地結ぶ

2017年05月16日 14:21
宮下公民館前を出発する村山市の買物バス
宮下公民館前を出発する村山市の買物バス
 公共交通が脆弱(ぜいじゃく)な地域での買い物弱者対策として、村山市が実証運行している「買物バス」で、新たな1路線の運行が15日から始まり、出発式が宮下公民館で行われた。

 市は昨年7月から楯岡地域の北部、東部など、路線バスが通らない公共交通空白地域と、市中心商店街を結ぶ路線で買物バスを運行してきた。

 今回、戸沢地域などの河西方面と楯岡市街地を結ぶ1路線を加えた。新路線は宮下公民館とJR村山駅西口が発着地点。停留所は、戸沢小、河島山ニュータウン、西郷小、市役所、ヤマザワ村山駅西店などの近くに計15カ所設置した。

 2路線とも平日の午前と午後、それぞれ1往復ずつ運行。車両は28人乗りのマイクロバスで、運行は楯岡交通が担う。乗車料金は無料で、来年3月末まで運行する。

 出発式には地元住民など約40人が出席し、志布隆夫市長が「買い物だけでなく通院などにどんどん活用してほしい」とあいさつ。全員で第1便のバスを見送った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から