県内ニュース

7月にジュニアゴルフ大会、実行委設立

2017年05月17日 08:02
山形新聞・山形放送杯ジュニアゴルフ大会の実行委員会設立総会=山形市・山形メディアタワー
山形新聞・山形放送杯ジュニアゴルフ大会の実行委員会設立総会=山形市・山形メディアタワー
 本県ゴルフの振興と底辺拡大を目的にした「山形新聞・山形放送杯ジュニアゴルフ大会」の実行委員会設立総会が16日、山形市の山形メディアタワーで開かれた。大会は県内の小中高校生を対象とし、7月17日に村山市のさくらんぼカントリークラブで開かれる。

 ゴルフは昨年のリオデジャネイロ五輪で実施競技に復活し、2020年東京五輪に向けて盛り上がりが期待される。一方で県ゴルフ連盟によると、本県のジュニアゴルフ人口は他都道府県と比べて少ない。県内では庄内地方などでジュニア層の大会があるが、県内全域の小中高校生を対象にした新たな大会を、村山地方で開くことにした。

 大会は山形新聞、山形放送が主催し、山形トヨペットが協賛。蔵王カントリークラブ、天童カントリークラブ、さくらんぼカントリークラブ、山形ゴルフ倶楽部の4クラブが主管する。会長に、県ゴルフ連盟理事長の寒河江浩二山形新聞グループ経営会議議長(山形新聞社長)を選出した。

 出場できるのは18ホール以上のラウンド経験のある県内学校在籍の小中高校生で、定員は120人。競技は18ホールで実施し、▽高校男子▽同女子▽中学男子▽同女子▽小学4~6年男子▽同女子▽小学1~3年男子▽同女子―の8部門で表彰を行う。参加料は5400円で、6月23日から7月7日まで出場申し込みを受け付ける。

 実行委総会には各ゴルフ場などから10人が出席し、競技規定などを決めた。冒頭あいさつに立った寒河江会長は「ゴルフはフェアプレーを重んじるスポーツであり、青少年の健全な精神の育成に資する競技だ。健やかな成長と、世界を舞台に活躍する選手育成の一助になればと願っている」と語った。問い合わせはさくらんぼカントリークラブ0237(53)3311。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から