県内ニュース

【モンテ】きょう17日、ホーム松本戦 強敵相手、辛抱強く戦う

2017年05月17日 08:13
 サッカーJ2は第14節の17日、各地で11試合を行う。16位のモンテディオ山形は午後7時から天童市のNDソフトスタジアム山形で10位の松本と対戦する。5試合連続で勝利がない山形。9日間で3試合をこなす連戦の2戦目は、手ごわい相手を迎え撃つ。

 チームは16日、天童市の県総合運動公園で非公開練習を行った。

 松本の基本陣形は3―4―2―1。前節は以前に山形でプレーしたFW高崎寛之とMF宮阪政樹が先発した。1トップの高崎をパスターゲットに、こぼれ球を周囲の選手が狙ってくる。宮阪が繰り出す正確なキックは、特に松本の特長でもあるセットプレーで脅威の存在。山形は昨季のホーム戦でも宮阪のCKから失点した。

 山形の木山隆之(たかし)監督は松本の守りの堅さやハードワークを認め「本当に隙がない。まずは自分たちが守備で集中力を切らさないことが大事」とポイントを挙げる。DF菅沼駿哉は高崎との競り合いを想定し「相手は高さだけじゃなく、うまさもあってやりにくい」と表情を引き締める。

 一方、山形は攻撃では前節金沢戦の反省を踏まえ、シンプルなクロス以外の選択肢もチームで共有し、ゴールをこじ開けたい。負傷者が多く、出場機会が少ない選手の起用やフォーメーション変更も予想される。難敵を相手に、辛抱強い戦いが不可欠だろう。

「少ない出場時間でも点を取りたい」と決意を語るFW永藤歩=天童市・県総合運動公園
「少ない出場時間でも点を取りたい」と決意を語るFW永藤歩=天童市・県総合運動公園
「点取りたい」―結果に飢えるFW永藤
 ○…「たとえ少ない出場時間でも点を取りたい」。3試合連続で途中出場しているFW永藤歩が、結果に飢えている。プロ2年目のストライカーにとって、けが人続出の状況はある意味、台頭する好機だ。

 今季は開幕後、脚の肉離れで戦列を離れた。幸い大事には至らず復帰したが、4月25日の練習試合では打ちのめされた。「一つ一つのプレーで相手に勝てなかった。これでは結果を残せない」。試合中はコーチからも厳しい指摘を受けた。終了後は誰もいない会場で一人残りうなだれた。

 それでも前を向いて走り続けてきた。今季はボールを受ける位置などを考えるあまり「1年目のようながむしゃらさがなかった」と反省する。昨季の終盤戦でチームを救う決勝弾を決めたのはまだ記憶に新しい。19歳の推進力と勝負強さに期待だ。

試合後半から料金半額に
 松本戦は今季リーグ戦のホームゲームで唯一の平日開催。モンテディオ山形は、試合後半から半額の料金で観戦できる「ハーフタイムチケット」を用意し、来場を呼び掛けている。

 芝かぶり席を除く全席種が対象。試合の前半30分が経過した時点から当日券売り場で販売する。

 問い合わせは同社023(666)8882。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から