県内ニュース

水害に備える大切さ学ぶ 最上川200キロを歩く・第4週

2017年06月03日 19:12
ゆったり流れる最上川を見ながらどんどん歩く=白鷹町
ゆったり流れる最上川を見ながらどんどん歩く=白鷹町
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2017」は第4週の3日、白鷹町鮎貝小(向田聡校長)の4年生24人が、同町の睦橋から朝日町の新五百川橋までの区間を歩いた。川沿いに整備されたフットパスを歩き、母なる川の雄大な流れを実感。最上川への親しみが一段と増した一日となった。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 同校で出発式が行われ、国土交通省山形河川国道事務所長井出張所の大津輝男所長が「ちょうど50年前に置賜地方で大雨が降って川があふれ、家が壊れるなどの羽越水害が発生した。皆さんを守るために堤防などの施設があることを勉強してほしい」と呼び掛けた。向田校長は「私たちの祖先は苦労して最上川を守り、活用して生きてきた。昔の風景を想像しながら歩いてほしい」と激励した。

 児童を代表して、佐藤聖悟君(9)と大沼和佳さん(9)が探検リレーのバトンとなるビッグフラッグを広げ、山口太一君(9)が「合言葉の『チームワーク』を大切にし、たくさん勉強して楽しい一日にしましょう」と抱負を述べた。

 強い風が吹き付けるなど肌寒さを感じるときもあったが、子どもたちは元気いっぱいに歩を進めた。川が増水した際、住宅や農地側への水の逆流を防ぐ樋門の開閉作業や、「水土のう」作りを通じ、水害に備えることの大切さを知った。

 フットパスを軽快に進むと、目に飛び込んできたのは巨石「つぶて石」。侍が巨石を投げたという言い伝えに不思議そうに聞き入った子どもたちは、地域の人たちによって大切に守られている最上川が、伝説の舞台にもなっているという奥深さを学んだ。

関連写真

  • 第4週を担当した白鷹町鮎貝小の4年生
  • ビッグフラッグを広げる大沼和佳さん(右)と佐藤聖悟君
  • あゆ茶屋では珍しい「やな場」を見ることができる=白鷹町
  • 最上川の難所だった黒滝開削などを説明する、しらたか旅先案内人副会長の海老名傑さん
  • 最上川の流れの中に立つ巨石・つぶて石(中央左)は朝日連峰から力持ちが放り投げたという伝説を聞いた=白鷹町
  • 約130年前にイギリスで製造され、今も使われ続ける「最上川橋りょう」を興味深く見上げる=白鷹町
  • ビニール袋に水を入れ、フラワーポットの中に並べると、重みで土のうの代用ができることを学んだ=白鷹町
  • ビニール袋に水を入れフラワーポットに詰めると土のうの代用品になることを学んだ=白鷹町
  • 川の増水時に田んぼなどにあふれた水をくみ上げ川に戻す畔藤排水機場のポンプの仕組みを聞いた=白鷹町
  • 大雨の増水時に田んぼにあふれた水を川に戻す畔藤排水機場の水路=白鷹町
  • 砂を詰めた土のうを持ってみる。「けっこう重いよ」と声が上がる=白鷹町
  • 最上川の水に触れられそうな場所をゴールに向かって歩く=白鷹町
  • 最上川のそばを元気に歩く鮎貝小4年生=白鷹町
  • 白鷹浄化管理センターで普通は入れない下水処理施設を見学した=白鷹町
  • 白鷹浄化管理センターで下水処理がされた、フラスコに入った水をみんなで見る。「こんなにきれいになるんだ」と驚く=白鷹町
  • 最上川の流れの上を歩くように設けられたフットパス=白鷹町
  • 川沿いに整備されたフットパスを軽快に進む子どもたち。最上川のスケールの大きさを感じ取った=白鷹町
  • 水の逆流を防ぐ樋門の開閉作業を体験。水防の大切さを身を持って学んだ=白鷹町
  • 河川敷にできた大きな水たまりをよけ、探検リレーを進む=白鷹町
  • 元気いっぱいに行程を楽しむ子どもたち=白鷹町
  • 雑草を手に「冒険気分」で河川敷を歩く子どもたち=白鷹町
  • 河口からの距離を示す表示について説明を受ける子どもたち=白鷹町

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から