県内ニュース

ブルガリア新体操チームが村山市訪問

2017年06月15日 20:30
ブルガリア新体操ナショナルチームを代表してあいさつするネヴィアナ・ヴラディノヴァ選手(中央)=村山市役所
ブルガリア新体操ナショナルチームを代表してあいさつするネヴィアナ・ヴラディノヴァ選手(中央)=村山市役所
 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、村山市のホストタウン対象国となったブルガリアの新体操ナショナルチームが、同市で行う事前キャンプ「ROSE CAMP(ローズキャンプ)」のため来日した。15日に市役所を表敬訪問し、市民の歓迎を受けた。

 訪れたのは、選手13人、スタッフ11人、通訳2人の計26人。14日夜に来日し、28日まで同市に滞在する。期間中、市民体育館でトレーニングを積み、19、20、22、23の各日は練習を公開。24、25の両日は公開演技会を開く。華道や茶道など日本の文化にも触れる。

 市役所で行われた歓迎式で、志布隆夫市長が「一生懸命練習し、素晴らしいキャンプになることを願う。しっかりサポートしたい」と歓迎の言葉を述べた。市内のしろはと保育園、新町保育園の園児計25人はチームに折り紙と和紙をプレゼント。チームを代表し、ネヴィアナ・ヴラディノヴァ選手(23)が「村山市に来ることができて光栄だ。とてもいいキャンプになると思う」と話した。

 選手はこの後、軽めの練習で調整。夜には甑葉プラザで開かれた歓迎レセプションに参加した。16日から本格的なトレーニングに入る。

 ブルガリアの新体操競技は、今年5月に同国で開催されたワールドカップ(W杯)の団体総合、個人総合で金メダルを獲得するなど世界トップレベルにある。村山市とブルガリアの新体操連盟は今年3月、事前キャンプに関する協定を締結。今回を含め20年まで計4回、キャンプを行う。

 市によると、東京五輪・パラリンピックに向けた事前キャンプが国内で繰り広げられるのはローズキャンプが最も早いという。

関連写真

  • 園児からのプレゼントを受け取るブルガリア新体操ナショナルチームの選手=村山市役所
  • 事前キャンプのため来日したブルガリア新体操ナショナルチーム=村山市役所

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から