県内ニュース

葛西さん、インターハイ選手にエール 山形でトークショーとサイン会

2017年06月18日 19:25
自身の選手生活をユーモアを交えて話したりインターハイの選手らにエールを送ったりした葛西紀明さん(右)=山形市・文翔館前
自身の選手生活をユーモアを交えて話したりインターハイの選手らにエールを送ったりした葛西紀明さん(右)=山形市・文翔館前
 レジェンド(伝説の人物)も応援-。7月28日に総合開会式を迎える全国高校総体夏季大会(南東北インターハイ)を盛り上げようと18日、山形市で開催された日本一さくらんぼ祭りの一環として、土屋ホームスキー部選手兼監督・葛西紀明さんのトークショーとサイン会が開かれた。県実行委員会が葛西さんに依頼したところ、快く受けてもらい実現した。

 文翔館前の特設ステージに葛西さんが上がると会場から盛大な拍手が起こった。小学3年生でジャンプ競技を始めた葛西さん。魅力を問われると「普通の人ができない競技を究めること。140メートルもふわふわ飛ぶ感覚を味わえるのは選手だけ」と語った。

 一方、メンバーに入れなかった長野五輪団体の悔しさから、誰にも負けたくないと競技を続けたという、レジェンドと呼ばれるまでの道のりが平たんでなかったことを振り返った。

 今後の目標を聞かれると「平昌冬季五輪で金メダルを取る。ソチ五輪で個人の銀メダルを手にするまで22年かかったのだから簡単でないことは分かるが、絶対に取りたい」と力強く宣言。会場から「頑張れ!」の声援が飛んだ。

 また、インターハイの選手には「1回しかない大会でパフォーマンスを出すのは難しい。でも、その中から世界で戦う選手も出ると思う。応援しています」とエールを送った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から